広島は、床田が今季最長の7回を投げて1失点。唯一の得点となる犠飛も放った。投打に奮闘した左腕は「調子自体は良くなかったが、失点した後もずるずるいかなかったのはよかった」と納得の表情だった。  チームは3度目の引き分けで、勝った中日と入れ替わり5位に転落。3日までの5連敗中は全て3得点以下と低調な打線に、佐々岡監督は「ずっとあと一本が出ないというのが続いている。なかなか破れない」と首をかしげた。 【時事通信社】 〔写真説明〕力投する広島先発の床田=4日、マツダスタジアム

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 広島、床田奮闘も勝てず=プロ野球