yahoo

三菱造船、INPEX社と「アンモニアバンカリング船」のコンセプトスタディーを実施

2023.02.02 12:00
rss JCN Newswire
テクノロジー
コメントする
TOKYO, Feb 2, 2023 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱造船株式会社(社長:北村 徹、本社:横浜市西区、以下、三菱造船)は、船舶向けにアンモニア燃料を供給可能な「アンモニアバンカリング船」のコンセプトスタディーをこのほど完了しました。将来的に普及が見込まれるアンモニアを燃料とした船舶への燃料供給需要に応えるべく、エネルギーサプライチェーンにおいて多くの実績と経験を有している株式会社INPEX(社長:上田 隆之氏、本社:東京都港区)と共同で検討を行ったものです。
アンモニアは、燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないため、安定的なクリーンエネルギーとして将来的な活用が見込まれており、海運業界のGHG(温室効果ガス)排出削減に大きく寄与する燃料として注目されています。当社は今回、アンモニア輸送が可能な多目的液化ガス運搬船の設計・建造の知見を十分に生かし、タンク容量ならびに操船性能の確保、アンモニア燃料船との整合性に配慮した設備配置など、柔軟性の高いアンモニアバンカリング船のコンセプト検討を進めました。
三菱造船は、今回得られた知見や技術課題を踏まえてさらなる技術検討を行い、関係する海事関連企業との協働などを経て同船の製品化を目指します。また、バリューチェーン全体を踏まえた顧客ニーズに柔軟に対応するべく、さまざまな船型の検討にも引き続き取り組んでいきます。
三菱重工グループが戦略的に取り組むエナジートランジション戦略の一翼を担う三菱造船は、今後も、海洋システムインテグレーターとして、アンモニアバンカリング船にとどまらず代替燃料船・機器についても開発とその事業化を積極的に推進し、脱炭素社会の実現を目指していきます。
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/230202.html
三菱重工グループについて
三菱重工グループは、エンジニアリングとものづくりのグローバルリーダーとして、 1884年の創立以来、 社会課題に真摯に向き合い、人々の暮らしを支えてきました。長い歴史の中で培われた高い技術力に最先端の知見を取り入れ、カーボンニュートラル社会の実現 に向けたエナジートランジション、 社会インフラのスマート化、サイバー・セキュリティ分野 の発展に取り組み、 人々の豊かな暮らしを実現します。
  • www.mhi.com/jp
  • Copyright 2023 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com
    \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間