yahoo

三菱自、中国で新型『アウトランダー』を発売

2022.11.21 14:00
rss JCN Newswire
テクノロジー
コメントする
TOKYO, Nov 21, 2022 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)の中国における生産・販売合弁会社である広汽三菱汽車有限公司(以下、広汽三菱)は、新型クロスオーバーSUV『アウトランダー』を広汽三菱にて生産し、11月19日(土)より販売を開始したことを発表しました。
新型『アウトランダー』は「威風堂堂」を商品コンセプトに掲げた三菱自動車のフラッグシップモデルです。中国仕様では1.5L直噴ターボエンジンを搭載して48Vマイルドハイブリッドシステムを採用、最高出力は120 kW、最大トルクは280 N・mとしました。ターボエンジン特有の低中速から立ち上がるトルク特性にマイルドハイブリッドのモーターアシストを加えることで、滑らかで扱いやすい加速性能と低燃費を実現しています。エクステリアにおいては、「ダイナミックシールド」コンセプトを進化させたフロントデザインや大径20インチタイヤ*1によって力強く存在感のあるスタイリングを実現し、室内では上質感にこだわりました。また、新開発プラットフォームや大幅に進化を遂げた電子制御4WDとS-AWC*2によって、様々な路面状況で安心・安全な走行を可能にしています。
<ご参考>
『アウトランダー』は2001年に発売*3した三菱自動車初のクロスオーバーSUVで、近年は当社の世界販売台数の約2割を占めるコアモデルの一つです。刷新した『アウトランダー』のガソリンエンジンモデルは2021年に北米で発売後、中東、オセアニア、中南米、アフリカに投入し、世界累計販売台数は2022年10月末時点で10万台以上となっています。
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2022/detail5667.html
三菱自動車について
三菱自動車はSUVづくりのノウハウとラリーで培った四輪制御技術、そして電動化技術に強みをもつ自動車メーカーです。ルノー、日産とのアライアンスメンバーであり、日本をはじめ、タイ、インドネシア、中国、フィリピン、ベトナム、ロシアなどに生産拠点があり、グローバルで約30,000名の従業員を擁しています。2009年には世界初の量産EVであるアイ・ミーブ、2013年には世界初のSUVタイプのプラグインハイブリッドEVであるアウトランダーPHEVを発売するなど電動車普及に取り組んでまいりました。2020年には新環境計画パッケージを策定し、脱炭素化社会の実現に貢献しながら、行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したいというドライバーの想いに応えるクルマづくりを推進しています。詳細については、当社ホームページをご覧ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/
Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間