yahoo

マツダ、「MAZDA CX-8」を大幅商品改良

2022.11.02 11:30
rss JCN Newswire
テクノロジー
コメントする
TOKYO, Nov 2, 2022 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、3 列シートクロスオーバーSUV「MAZDA CX-8」を大幅商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて本日より予約を開始いたします。発売は12月下旬を予定しています。
今回の大幅商品改良では最新の魂動デザインを取り入れたデザイン表現の進化、お客さまの選択肢の幅を拡げる特別仕様車や機種の追加、そして新世代商品で開発した技術の採用によるダイナミクス性能の進化や利便性と安全性の向上を実施しました。
SUVらしい力強さと、都会的でエレガントな美しさを融合したデザインに仕上げるため、フロント&リアバンパー・フロントグリル・前後ランプなどを、マツダ最新のデザインへ変更しました。また、新たにマツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」*1による外板色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」*2を追加しています。
お客さまの選択肢の幅を拡げるため、「家族とさまざまな場所に行きたい」という気持ちにお応えする特別仕様車「Grand Journey(グランドジャーニー)」と、精悍でスポーティな世界観を求める方のための機種「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」を追加しました。美しさやつくり込みにさらなる特別感を加えた「Exclusive Mode(エクスクルーシブモード)」と合わせて、テイストの異なる3つの世界観を表現しました。
ダイナミクス性能の進化では、現行「MAZDA3」より採用している車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」の考え方を取り入れ、長時間運転しても疲労感の少ない運動性能を目指し、すべての乗車位置で揺れを軽減し、快適性を向上させています。走行シーンに応じ、スイッチの操作ひとつで任意に走行モードが切り替えられる「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT(マツダ インテリジェント ドライブ セレクト)」[略称:Mi-DRIVE(ミードライブ)]を新採用。オンロードからオフロードまでマツダらしい人馬一体感をさらに高めています。
また、3列目乗車時の後方からの追突に対する衝突安全性能の確保に加え、今回新たにアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)の進化やクルージング&トラフィック・サポート(CTS)*3を採用し、乗員全員がいっそう安心・安全で快適に移動を楽しんでいただけることを目指しました。
マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2022/202211/221102a.html
概要:マツダ株式会社
詳細は
  • www.mazda.co.jp
  • をご覧ください。
    Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com
    \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間