yahoo

マツダ、「MAZDA MX-30」「MAZDA MX-30 EV MODEL」を商品改良

2022.10.20 12:00
rss JCN Newswire
テクノロジー
コメントする
HIROSHIMA, Japan, Oct 20, 2022 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、コンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティ)」、「MAZDA MX-30 EV MODEL(エムエックス サーティ イーブイ モデル)」を一部改良し、全国のマツダの販売店を通じて、本日より予約販売を開始します。発売は、11月初旬以降を予定しています。
MX-30は「わたしらしく生きる」をコンセプトに、クルマとともに自然体で自分らしい時間を過ごしていただくことを目指し、お客さまのライフスタイルに寄り添い、創造的な時間と空間を提案する、コンパクトSUVです。2050年時点のカーボンニュートラル実現を目指し、各地域における、自動車のパワーソースの適性や、エネルギー事情、電力の発電構成などを踏まえ、適材適所の対応を可能とするマツダの「マルチソリューション戦略」を具現化するモデルとして、マイルドハイブリッドモデル、EVモデルを設定しています。
お客さまからは、運転の楽しさや快適さ、また上質なデザイン、インテリアの質感に高いご支持をいただいております。
今回の商品改良では、ソウルレッドクリスタルメタリック、ジェットブラックマイカ、ジルコンサンドメタリックにマルチトーンのボディカラーを新たに設定。MX-30の特徴であるキャビンとフリースタイルドアを際立たせる「フレームドトップ」をブラック単色とすることでキャビンをより軽快に見せ、アクティブなライフスタイルにマッチした表現としました。
MX-30 EV MODELでは、AC1500W/AC150W電源、V2Hの給電機能を追加し、車両に蓄えた電力を活用する事で、電気製品や建物への給電により、多様なライフスタイルの楽しみ方を拡げるとともに、万が一の際の電源として使用できる機能を強化しました。
また、お客さまが自分の意志で移動したり、行動することをサポートする選択肢の一つとしてご提案する、手動運転装置付車「MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)」は、MX-30のすべての機種で選択が可能です。
マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2022/202210/221020a.html
概要:マツダ株式会社
詳細は
  • www.mazda.co.jp
  • をご覧ください。
    Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com
    \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間