yahoo

三菱自、「2022年 小学生自動車相談室」を開設

2022.07.20 14:00
rss JCN Newswire
テクノロジー
コメントする
TOKYO, Jul 20, 2022 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、7月20日から12月9日までの間、30年目となる「2022年 小学生自動車相談室」を開設し、自動車産業に関するさまざまな質問を、フリーダイヤルやウェブサイト、郵便で受け付けます。小学生を対象にした専門の相談室の設置は、自動車業界唯一の取り組みであり、毎年多くのこどもたちや小学校の先生に利用されています。1993年の開設から昨年度までの相談件数は累計約3,800件となりました。
相談内容は、自動車産業全般や工場、環境問題についてなど多岐にわたっています。授業中のこどもたちからの電話や、小学校の先生から授業の事前準備のための質問など、さまざまな機会に活用されています。電話での問い合わせには、質問と回答を記載した「学習ノート」を送っています。
また、こどもたちの学習ツールとして、「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」と題した、こども向けパンフレットの配布や、ウェブサイトを常時開設しています。今夏、同パンフレット・ウェブサイトへ、こどもたちの関心が高い「SDGsへの取り組み」に関するページの新設を予定しています。(8月末予定)
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2022/detail5632.html
三菱自動車について
三菱自動車はSUVづくりのノウハウとラリーで培った四輪制御技術、そして電動化技術に強みをもつ自動車メーカーです。ルノー、日産とのアライアンスメンバーであり、日本をはじめ、タイ、インドネシア、中国、フィリピン、ベトナム、ロシアなどに生産拠点があり、グローバルで30,000名以上の従業員を擁しています。
2009年には世界初の量産EVであるアイ・ミーブ、2013年には世界初のSUVタイプのプラグインハイブリッドEVであるアウトランダーPHEVを発売するなど電動車普及に取り組んでまいりました。
2020年には新環境計画パッケージを策定し、脱炭素化社会の実現に貢献しながら、行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したいというドライバーの想いに応えるクルマづくりを推進しています。
詳細については、当社ホームページをご覧ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/
Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間