TOYOTA GAZOO Racing、新型車GRカローラ日本仕様車および走行性能を磨き上げた2シーターモデル、「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開

Toyota City, Japan, Jun 2, 2022 - (JCN Newswire) - TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は6月1日、「GRカローラ RZ」と「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開しました。「GRカローラ RZ」は、本年4月に公開した新型車「GRカローラ」の日本仕様のグレードです。「GRカローラ モリゾウエディション」はマスタードライバーのモリゾウこと社長の豊田が自ら試作車のハンドルを握り、こだわりを持って作りこんだ「お客様を魅了する野性味」「気持ちが昂り、ずっと走らせていたくなる走りの味」を追求したグレードであり、今回、米国においても同時に発表しました。「GRカローラ RZ」は本年秋頃から全国のトヨタ車両販売店を通じて発売を開始し、「GRカローラ モリゾウエディション」は本年冬頃から全国のGR Garageにおいて台数限定で発売を予定。予約抽選は秋頃から受付を開始する予定です※1。
カローラは、1966年の発売以降、トヨタを長年支えてきたクルマです。トヨタのモータースポーツ黎明期から、WRC初優勝を飾った※2「TE25カローラ」やその後1000湖ラリー※3を制した「カローラレビン」などが活躍。その走りを多くのお客様に愛していただいてきました。また、時代の変化に合わせ、ワゴン、SUVなどへ進化を遂げることで、様々なライフステージにおいて、ご愛用いただけるクルマとなりました。社長の豊田は、「多くのお客様に愛していただけるクルマだからこそ、絶対にコモディティと言われる存在にしたくない。お客様を虜にするカローラを取り戻したい。」との強い思いを持ち、GRカローラの開発を開始しました。
開発にあたっては、レースで勝つために鍛えたクルマを市販化するという「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を実践。開発中のGRカローラに水素エンジンを搭載、スーパー耐久シリーズに出場※4し、新技術である水素エンジンを鍛えるとともに、車両を総合的に鍛え直しました。また、「お客様を魅了する野性味」を追求するため、マスタードライバーの豊田を中心に、プロドライバー、社内の評価ドライバー、エンジニア、メカニックが一丸となって、様々な道で走り込みを実施。徹底的に不具合を出し尽くし、改善を重ねることで、「ドライバーと対話のできるクルマ」、「ずっと走らせていたくなるスポーツカー」へと仕上げました。
本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/37344870.html
概要:トヨタ自動車株式会社
詳細は
http://toyota.jp/ をご覧ください。
Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...