TOYOTAとKINTO、購入後もクルマが進化するサービス「KINTO FACTORY」においてトヨタ・レクサスにつづきGRの対応を開始

Toyota City, Japan, Apr 27, 2022 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と株式会社KINTO(以下、KINTO)は本年1月、お客様がすでに購入されたクルマに、その後の技術革新や経年劣化に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映し、お乗りのクルマを「進化」させる新サービス「KINTO FACTORY」を開始しました。当初はトヨタ・レクサスの一部の車種を対象としていましたが、本日4月27日より、スポーツカーシリーズ「GR」を対象とした「GRアップグレードセレクション」をラインナップへ追加し、第1弾としてGRヤリス“モリゾウセレクション”をご契約いただいたお客様を対象に提供を開始します。
技術革新に合わせてクルマの基本性能を向上させる「アップグレード」では、モータースポーツ参戦により得た知見を生かして開発した「エンジン」「4輪駆動配分」「ステアリング」を制御する3つのソフトウェアから構成される「GR YARIS PERFORMANCE SOFTWARE 1.0」を提供します。納車時のGRヤリス“モリゾウセレクション”に対して、より機敏なアクセルレスポンスを持たせると同時に、ステアリング操舵力を重めに設定し、フロント寄りの駆動配分とすることで、より安定感のある走行フィーリングを実現します。
お客様一人ひとりに合わせてクルマの設定を最適化する「パーソナライズ」では、お客様の走行データをもとに「エンジン」「4輪駆動配分」「ステアリング」を制御する3つのソフトウェアをカスタマイズする「GR YARIS PERSONALIZE SOFTWARE 1.0」を提供します。本メニューは、社長の豊田もドライバー・モリゾウとして自らハンドルを握るROOKIE Racing※4がスーパー耐久シリーズの現場で実践する、「より安全でコントロールしやすいクルマを実現する、ドライバーに合わせた細かなセッティング変更」から着想を得て開発しました。プロドライバーの佐々木雅弘選手監修のもと、レースの現場で実践する、走行データ分析とコンサルティング手法を織り込んでいます。
トヨタとKINTOが目指すのは、クルマをお届けして終わりではなく、お届けしたあと、お客様に寄り添ってクルマを進化させていくことにより、そのクルマをより深く愛していただける世界です。この実現に向けて、「GRアップグレードセレクション」は、今後、GRヤリス“モリゾウセレクション”だけでなく、PRIUS PHV GR SPORTや、GRヤリスRZ、GRヤリスRCなどへ対象車種を拡大し、取り組みを加速させていきます。
本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/37239513.html
概要:トヨタ自動車株式会社
詳細は
http://toyota.jp/ をご覧ください。
Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...