yahoo

LEXUS、バッテリーEV専用モデルの新型「RZ」詳細を世界初公開

2022.04.20 19:00
rss JCN Newswire
テクノロジー
コメントする
Toyota City, Japan, Apr 20, 2022 - (JCN Newswire) - LEXUSは、バッテリーEV(以下、BEV)専用モデルとなる新型「RZ」の詳細を世界初公開しました。
2005年のRX400h発売以降、ラグジュアリー市場における電動化の先駆者として、常に優れた走行性能と環境性能の両立を追求してまいりました。2019年に発表した電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づき電動化技術を用いた基本性能の大幅な進化を実現し、HEVやPHEVなどのプラクティカルな電動化車両の提供を通じ、多様なお客様のニーズに寄り添い、いつの時代もクルマの楽しさを探求してまいります。そして、2030年までにすべてのカテゴリーでBEVのフルラインアップを実現し、2035年にはグローバルでBEV100%の販売を目指し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献してまいります。これらの挑戦に向けて、LEXUSの新しい事業拠点Toyota Technical Center Shimoyama(以下、TTCS)において、クルマを「走らせては直す」ことを幾度となく繰り返し、クルマを鍛え、クルマをつくる人も鍛えていきます。
新型RZは、LEXUS初のBEV専用モデルとして、電動化技術がもたらすLEXUSらしいクルマをデザイン、走行性能で体現し、BEVを軸とするブランドへの変革の起点となるモデルです。BEV専用プラットフォーム(e-TNGA)採用に加え、バッテリーやモーターの最適配置による理想的な慣性諸元や、軽量かつ高剛性なボディの実現により、車両の基本性能を大幅に進化させています。また、電動化技術を活用した四輪駆動力システム「DIRECT4」や、ドライバーの意図に忠実な車両コントロールを可能にしたステアリング制御とステアバイワイヤシステム採用などで、より人とクルマが一体となった気持ちの良いドライビングフィールをもたらします。更に、ドライバーへクルマの状態変化を自然に伝える音作りも追求。これらの作り込みをLEXUSの新たな開発拠点となるTTCSで行い、LEXUSならではの走りの味「Lexus Driving Signature」を進化させています。エクステリアデザインでは、BEVならではのシームレスな加速感とトルクフルな躍動感を表現。スピンドルグリルも、内燃機関の冷却などの必要がないBEVの機能的な進化や更なる空力性能向上を目指して、「スピンドルボディ」という塊感のあるボディと一体となった造形としました。LEXUSの独自性を表現することに挑戦することで、新たなデザインの方向性とBEVらしさを両立しています。またインテリアデザインでは、SDGsやサステナブルなモビリティを中心に考え、素材や装飾によるラグジュアリーな演出に頼らない、感性に響く空間づくりにこだわり、機能的本質を追求したシンプルな設えの中にも、モノづくりの細やかさや上質さを感じられる空間を実現しています。その他にも、開放的な空間づくりに寄与するパノラマルーフや、LEXUS初採用の輻射熱ヒーターを含めた空調の協調制御による高効率な暖房システムが、快適な室内空間を提供します。
新型RZの主な特長
1. 電動化技術を活用した人の感性に寄り添ったLEXUSならではの乗り味の進化
- ドライバーの意図に忠実な走りを支える新四輪駆動力システム「DIRECT4」
- ステアバイワイヤシステムがもたらす新しいドライビング体験
- BEV専用プラットフォームの採用と素性の進化による高い運動性能の実現
- LEXUSのDNAである静粛性の高い空間と音作りの両立
- 走りに貢献する空力性能とBEVならではの先進的なデザイン
- 長年HEVで培った技術を活用したBEVシステム
2. 機能的本質やパフォーマンスに根差したプロポーションと独自性を追求したデザイン
- LEXUS BEVの独自性を強調するプロポーションと新表現「スピンドルボディ」
- 電動化技術がもたらす走りの躍動感を表現したサイド、リヤデザイン
- BEVらしさを引き立てるエクステリアカラー
- クリーンで開放的なおもてなし空間
- 走りの楽しさを最大化させるコックピット
- 居心地の良い室内を彩るアンビエントイルミネーションとインテリアカラー
3. 移動体験をより豊かにする先進安全技術とおもてなし機能
- 先進の予防安全技術Lexus Safety System +
- 快適な移動を支えるLexus Teammate
- 心地よい空間を支えるおもてなし機能
- 先進技術による新たな機能価値
Lexus International Lexus Electrified チーフエンジニア 渡辺 剛
カーボンニュートラル社会の実現に向けて、「クルマ屋LEXUS」が取り組むべきことは、自然や地球環境を大事にしながらも、楽しいクルマを追求し続けることだと考えています。RZでは、乗って安心感があり、触れて心地よく、操って楽しい、そんなLEXUSらしいBEVの実現を目指したいという想いで開発を進めてまいりました。Lexus Electrifiedのコアテクノロジーである四輪駆動力システム「DIRECT4」が、ドライバーの操作に対し、素早くリニアなクルマの応答を実現。デザインでは、BEV化に伴い、スピンドルグリルから、新たなLEXUSのアーキテクチャーである「スピンドルボディ」への進化やドライバーの操作性にこだわった「Tazuna Concept」を織り込んだコックピット空間など、機能的本質や独自性を追求しています。今後も、お客様にLEXUSならではのBEVの走りや新しい体験のご提供を目指して、挑戦を続けてまいります。
本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/37204775.html
概要:トヨタ自動車株式会社
トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。詳細は
http://toyota.jp/ をご覧ください。
Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間