yahoo

三菱自動車、インドネシアで軽商用EVの実証実験に関する覚書を現地企業4社と締結

2022.03.14 14:30
rss JCN Newswire
テクノロジー
コメントする
TOKYO, Mar 14, 2022 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、インドネシアにおける当社のクルマを販売するミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(社長: 中村直哉、以下MMKSI)が、現地企業4社と軽商用電気自動車(EV)の実証実験に関する覚書を締結しました。
締結したのは、国営郵便会社ポス・インドネシア(本社:バンドン)、送配電業及び関連サービス業を行っているハレヨラ・パワー(同:ジャカルタ)、モビリティサービス大手のゴジェック(同:ジャカルタ)、ドイツ物流大手の現地法人DHLサプライヤーチェーン・インドネシア(同:ジャカルタ)の4社で、日本で2011年に投入した『ミニキャブ・ミーブ』を輸送業務に活用し、半年間*1の実証実験を通じて走行距離や充電記録、配送ルートなどのデータ集積を行い、EV普及に向けた環境整備の検証を進めていく予定です。
MMKSI社長の中村は、「主要な企業パートナーであるポス・インドネシア、ハレヨラ・パワー、ゴジェック、DHLサプライヤーチェーン・インドネシア及びこの共同研究を熱心にご支援いただいているインドネシア政府に心から感謝します。この実証実験を通じて、インドネシアにおける三菱自動車の電気商用車の普及とその活用について取り組んで参ります」と述べました。
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2022/detail5597.html
三菱自動車について
三菱自動車はSUVづくりのノウハウとラリーで培った四輪制御技術、そして電動化技術に強みをもつ自動車メーカーです。ルノー、日産とのアライアンスメンバーであり、日本をはじめ、タイ、インドネシア、中国、フィリピン、ベトナム、ロシアなどに生産拠点があり、グローバルで30,000名以上の従業員を擁しています。
2009年には世界初の量産EVであるアイ・ミーブ、2013年には世界初のSUVタイプのプラグインハイブリッドEVであるアウトランダーPHEVを発売するなど電動車普及に取り組んでまいりました。
2020年には新環境計画パッケージを策定し、脱炭素化社会の実現に貢献しながら、行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したいというドライバーの想いに応えるクルマづくりを推進しています。
詳細については、当社ホームページをご覧ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/
Copyright 2022 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間
おすすめ