酒井法子(50)が1日に自身のユーチューブチャンネル『酒井法子 1億のスマイル』を開設した。

 酒井といえば、1986年にデビューし“のりピー”の愛称で一躍人気を博したが、2009年に覚醒剤を所持・使用し有罪判決を受けたことでも話題に。

 そんな酒井がこの日「キープディスタンスは必要だけど 心の距離は近くありたい。目に見えない思いやりで日本を一つに。酒井法子 1億のスマイルは「先に与える」が テーマです。こんな世の中だからこそ 人のつながりや絆や想いに 焦点をあてて たとえ少数派でも良い行いを されている方を取り上げさせて頂きます あなたの街に酒井法子がお邪魔いたします」とつづり、YouTubeチャンネルを開設し、早速、食レポを行なった動画を配信した。

 これに対しネット上では「あれ?介護はどうなった?」「結局介護はやらなかったの?」「罪は償ったから何も言わないけど、やりたいことがぶれ始めた」といった声が。

 事件後の裁判で「芸能界を引退し、介護の仕事をしたい」などと述べたという酒井。多くの人が罪を償い、介護の仕事をしているものだと思っていたようだが、突然のユーチューブデビューにネットは騒然となってしまったようだ。

情報提供元 : Daily News Online
記事名:「 酒井法子、まさかのYouTube始動にネット騒然「あれ、介護は?」