着られなくなったベビー服の活用法 思い出の詰まったアルバムに変身 

 赤ちゃんが着用する小さな小さなベビー服。着られる期間が限られている分、一着一着に対する思い入れも深くなりますが、ずっと保管しておくわけにもいかず、やむなく捨ててしまったり、知人に譲ったという方も多いと思います。


 もしもコンパクトに保管しておくことが出来れば、いつでも懐かしい思い出が振り返られるのに……。そんな願いを叶える方法を投稿した一児のママ「ぬこ」さんのツイートが大きな話題になっています。



 その方法とは、服の一部を切り取り、台紙に挟んでアルバムにしていく、というもの。投稿された写真には、雲や車、Tシャツなどの形をした台紙の窓から、赤ちゃんの肌着の柄がのぞいています。どれもとってもかわいいですよね。


 実はこの作品、WEBショップ「minne」にて販売されている「フクアル」というサービスを利用したもの。台紙やバインダー、マスキングテープなどがセットになっており、自宅に取り寄せたのち、自身で加工していきます。


 かねてから「サイズアウトした息子の洋服の生地をアルバムにして残したい」と考えていたというぬこさん。しかし、自身では上手く形に出来ず、「誰かそういう台紙を作ってる人いないかなぁ」と探していたところ「フクアル」のサービスにたどり着いたそうです。


息子さんが肌着を着用していた頃


どれも思い入れの深い服ばかりですよね


 台紙に挟む服はもちろんTシャツやズボンでも可能ですが、特に新生児期、着用して過ごすことが多く、より思い入れの深い肌着を選択。生地を切り取る際は、敢えて生地が傷んでいるところや、シミが付いているところを選びました。


 たしかに、きれいな部分を残すよりも、こうした傷や汚れがある部分のほうが、後で見返した際に当時の記憶をより鮮明に思い出せそうですね。


 スペースを取らず、思い出をかわいく保管しておけるベビー服アルバム。出来上がった作品に対して「アルバムにして写真と共に生地を残せるのはすごくいいなぁと思いました」と、ぬこさん自身もその出来栄えに大満足のようでした。


 自身がふと思い出に浸るツールとしてはもちろん、子どもが大きくなった時に一緒に見返すなど、コミュニケーションツールとしても活用できそう。ちなみにぬこさんは、将来息子さんが結婚し、子どもを持つようになったらこのアルバムを譲りたいと考えているそうです。




<記事化協力>

ぬこ 6m(12/16)さん(@nukonukomeshi)


(山口弘剛)