人見知りならぬうさ見知り おもちゃを耳ぴょこで警戒するうさぎさん

 ツイッターユーザー・スタさん宅で暮らす、ネザーランドドワーフのてんちゃん。普段生活するスペースに、見知らぬ物体が置かれていたら、どんな反応をするでしょうか?

 初めて対面するブルーナボンボンの隣に座って数秒後、ピョコっと耳を開く様子は、まるで「わたしの方がかわいい!」と主張しているようにも。そのかわいすぎる反応を収めた動画に大きな注目が集まっています。

 草食動物であるうさぎは、元々とても警戒心の強い動物として知られていますが、てんちゃんはその中でもさらに用心深い性格。自分の縄張りにいる、見たことのない物体に戸惑いを隠せなかったようです。

 少しずつ距離を縮めて、後ろ側に立ったり、周りを歩いたりするものの、どうしていいか分からないといった様子。そんな状況で見せた渾身の耳ピョコですから、もしや威嚇の意味を込めたものだったのかもしれません。

ブルーナボンボンにそっくりなてんちゃん

 とはいえ、この丸っこいフォルム。てんちゃんには悪いのですが、どうしてもかわいさがまさってしまいますね。横に並んで、耳を広げる姿はブルーナボンボンと瓜二つ。飼い主さんも思わずフフッと笑ってしまったようです。

 てんちゃんのかわいすぎる反応に、ツイッターで10万「いいね」を超える大反響。「耳の稼働がツボすぎてずっと見てられる」「かわいいかわいいかわいい」といったコメントが多数寄せられ、動画を見た多くの方の心をつかんだようです。

 その後、結局てんちゃんが心を許すことはなく、精神的な負担を考えてブルーナボンボンは片付けたとのこと。警戒する姿もかわいいですが、いつかブルーナボンボンに寄り添うてんちゃんの姿も見てみたいですね。

<記事化協力>
スタさん(@grandeinter14)

(山口弘剛)

情報提供元 : おたくま経済新聞
記事名:「 人見知りならぬうさ見知り おもちゃを耳ぴょこで警戒するうさぎさん