プラスチックゴミによる海洋汚染が問題になっている今、ストロー廃止の動きもいろいろなところで見られるようになってきました。マイストローを持つ人も増えましたが、筒状のストローは衛生管理が大変ですよね。そんな問題を解決してくれるのが、慶応元年創業の光浦醸造が開発した「STROLL_01」。繰り返し洗えて環境に優しい画期的なシート製ストローが現在オンラインショップにて販売中。2021年7月1日(木)からは一般小売販売を開始されます。

自分で巻いて使う新しいスタイルのエコストロー

使い方写真作り方イラスト

「STROLL_01」は、1枚のシートを自分で円筒状に巻き、ベルトで固定して使用するシート製のストローです。台などもいらず両手だけで作れるうれしい仕様。好みの太さに調整できるのも便利なポイントです。最適な角度で螺旋状に巻く構造なので、適切に巻けば液体が漏れることはないのだそうですよ。さらに飲み口にも飲料にも浸からない位置で、巻いたストローをベルトで固定するので、スマートに飲み物が飲めちゃいます。

https://www.youtube.com/watch?v=1_sp7KIc3b0 <光浦醸造>シート製ストロー「ストロール01」STROLL_01 STROLL_01を洗っている様子

使い終わったらストローを広げて洗うことができるので、とても衛生的! もちろん、繰り返して使うことができます。環境への配慮、つくる楽しさを兼ね備えた、これまでとは違った発想の新しいエコストローなのです。この独自の形状は特許出願中だそうです。(特許出願中:特願2019-227741)

簡易ケース付き(組み立て)

簡易ケース

なんと、台紙をミシン目に沿って切り抜いて組み立てると、簡易ケースが出来上がります。表面防水加工済みなので安心して使えますよ。ケースに入れる際はストローのベルトを外して緩めながら入れると短くコンパクトに収納可能。こんなところまでエコな配慮がされているんですね〜。

「脱プラ」の前に、「減プラ」から

STROLL_01を保管している様子

「STROLL_01」の素材は、実は自然には還らないプラスチック(PET,PE)。しかし、その軽くて丈夫な性能は繰り返し使用することでゴミを削減することを可能にしてくれます。また、自分の手で「つくる」という体験と思い入れを持つことでリユースして大切に使うことができ、最後は分別して惜しみながらゴミ箱へ。これならプラスチック使用量を減らせて、サステナブルな生活ができますよね。

きっかけは小学生の自由研究

自由研究

開発のきっかけは、2019年の夏休みに当時小学3年生だった娘さんが取り組んだ自由研究だったそう。娘さんと一緒にストローの歴史やさまざまな素材を研究し、既存ストローの利点や問題点を検証して、繰り返し洗って使えるシート状のストローを考案・発表。

それを見た学校の先生の「お父さん、これ特許取れるんじゃないですか?」という一言から、今度は大人の自由研究が始まったのだとか。その後、研究を続けて特許を出願、1年以上の開発期間を経て商品化にいたったというわけです。

シート製ストローのメリット

メリットのイラスト 太さが変えられる。
シートの巻き方を調整することで、ストローの長さを変えることなく太さを調整することができます。コンパクトなスペースで保管可能。
中空部分のないシート状であるため、円筒状の通常のストローに比べて4分の1以下のコンパクトなスペースで保管が可能です。物流コスト・CO2の削減ができる。
シート状でコンパクトなので、物流コストも下がり、CO2の排出量も少なく済みます。平面的で大胆な印刷が可能。
広げた状態と巻いた状態、それぞれを計算したデザインが可能となり、これまでになかったデザインの表現の場として、また、企業の広告やノベルティーとして活用できます。印刷部分がラミネートされていて、フィルムの断面部分には印刷を施していないためインクの滲み出る心配もなく安全です。

STROLL_01
594円(税込)
カラー 4色(NAVY , MAUVE PINK , KUMIKO ORANGE , KUMIKO GREEN)
材質 PET , PE
光浦醸造のオンラインショップで先行販売中
>>>光浦醸造オンラインショップ
2021年7月1日(木)より一般小売り販売を開始予定

展示会への出展情報

2021年6月23日(水)〜25日(金)に開催される大日本市にて「STROLL」が展示されます。(入場には事前予約が必要です。)

大日本市
https://www.dainipponichi.jp/shop/pages/exhibitions202105.aspx

光浦醸造について

光浦醸造は、慶応元年創業。山口県防府市にある小さな醸造所です。
「味を、人を、あわせる、」という理念のもと、長く作り続けてる味噌などの伝統調味料だけではなく、近年ではフロートレモンティーシリーズなど、食卓をより豊かにすることを目的としてものづくりに向き合っています。

>>>光浦醸造について

会社名:光浦醸造工業株式会社
所在地:山口県防府市大字台道3532-4
創 業:慶応元年(1865年)
事 業:味噌、醤油、調味料、レモンティーなどの製造販売
https://mitsuura.jp/

情報提供元 : novice
記事名:「 自由研究から生まれた「広げて洗える画期的シート製ストロー」でエコライフ