感染症拡大の対策としてもなかなか旅行に行きにくい昨今。おでかけ好きや旅行好きのみなさんはストレスが溜まっているのではないでしょうか。その一方で、働き方の見直しも手伝って、テレワークやワーケーションにも話題が集まるようになりましたよね。そんななか注目したいのが、「Airbnb」が2021年6月9日に発表した滞在プログラム『Airbnbで好きなところに暮らそう(Live Anywhere on Airbnb)』です。なんと約1年間もの期間、無料でお気に入りのリスティング(宿泊先)に住むことができるといいますが・・・気になる同プログラムの詳細をチェックしてみましょう。

Airbnb(エアビーアンドビー)とは?

「Airbnb」は、空き部屋などを宿泊施設として提供したい人(ホスト)と、部屋を借りたい旅行者(ゲスト)をつなぐ、アメリカ・サンフランシスコ発のWebサービスです。

東京をはじめとする日本各地はもちろん、世界中のバケーションレンタルやログハウス、ビーチハウスなどのユニークな宿泊施設や体験を探すことができるとあって、感度の高い旅行者を中心に好評となっていますよね。

ホテルなどの宿泊施設に比べて比較的リーズナブルに利用でき、他人との接触なくチェックイン・チェックアウトできる施設を選びやすいのも特徴の一つ。なにより、「古民家」、「トレーラーハウス」、「ツリーハウス」、「一棟貸し」などの普段なかなか泊まれない施設が多数そろえられているのも魅力ですよね。場合によっては、現地でホストなどとの交流を楽しむことも可能なのです。

>>>Airbnbの詳細はこちら

12名が1年間無料でAirbnbに滞在!

そんなAirbnbが2021年6月9日(米国時間)に新たに発表した滞在プログラムが、今回紹介する『Airbnbで好きなところに暮らそう(Live Anywhere on Airbnb)』です。

同プログラムは、世界各地から選考された12名が約1年間、世界各地のお気に入りのAirbnbのリスティング(宿泊先)に住むことができるというものです。滞在費はなんと無料(プログラム期間中の交通費も一部支給)! プログラムを通じた宿泊経験やプロダクト改善のためのフィードバックなどをAirbnbに寄せる必要がありますが、長期間滞在で得られる貴重な体験は何物にも代え難いものになるはずですよね。

プログラム参加中は自宅を貸し出すことも

同プログラムでは、若いファミリーやリモートワーカー、アーテイスト、クリエイター、子育てがひと段落した人など、多様な12名が参加者として募集されています(18歳以上)。1人での参加はもちろん、参加者1人につき3人までの同伴も認められるので、効率の良いワーケーションを実践したり、家族との思い出作りや語学学習を楽しんだりと、好きな場所で思い思いの時間を過ごすことができるというわけです。

また、プログラム参加期間中は、現在住んでいる自宅をAirbnbのリスティングとして貸し出すことも可能です。一定の収入が期待できるので、安心して過ごすことができそうですよね。

応募は2021年6月30日まで

「Airbnbで好きなところに暮らそう(Live Anywhere on Airbnb)」の募集締め切りは、2021年6月30日午後11時59分(アメリカ東部時間。日本時間では7月1日午後12時59分)とされています。12名の参加者は7月に選出され、9月から旅行開始とされる予定です。

>>>「Airbnbで好きなところに暮らそう(Live Anywhere on Airbnb)」詳細・応募方法はこちら

私たちの暮らしも大きく様変わりをみせている今。Airbnbの同プログラムを通して、働き方や家族との過ごし方をあらためて見つめ直してみるのもいいかもしれませんよね。普通の旅とは違う貴重な体験を、長期滞在でぜひ満喫してみてくださいね。

情報提供元 : novice
記事名:「 無料で約1年間のワーケーションも!ニューノーマルな体験ができる「Airbnbで好きなところに暮らそう」プログラムとは?