SDGsな取り組みが加速するなか、私たちが口にする食事にも変化がみられるようになってきましたよね。その代表的なものの一つが「植物由来」(プラントベース)の食品ではないでしょうか。そんななか、「キユーピー」が同社のプラントベースフード第一弾として、業務用「HOBOTAMA」を2021年6月30日(水)から出荷を開始することを発表しました。原材料の大部分を植物由来のものから作られた「ほぼスクランブルエッグ」。いったいどのようなものなのでしょうか。

ほぼたまごの味わい&ほぼスクランブルエッグ

キユーピーが2021年6月30日(水)から全国に向けて出荷をスタートするのが、スクランブルエッグ風の新商品「HOBOTAMA」(ほぼたま)です。同社のプラントベースフード第1弾として、原材料の大部分を植物由来で作られた注目風商品。まずは業務用として販売が行われる予定とされています。

同商品は、豆乳加工品をベースに、スクランブルエッグのような見た目と食感を再現。シェフが丁寧に手作りしたような半熟感が実現され、プレーンな味わいでパンや野菜などとの相性がよい仕上がりとされています。もちろん、卵は不使用。120g/20袋(オープン価格)で賞味期間は冷凍1年となる模様です。

飲食店や給食などで味わえるように

HOBOTAMAは、飲食店(ファストフード、ホテル)や給食などでの使用が提案されるそう。朝食メニューやサンドイッチなど幅広い料理で楽しめそうですよね。

新たな食の価値観・多様性に

キユーピーでは、「もっとタマゴのおいしさと魅力を届けたい、一人ひとりの食に寄り添っていきたい、子どもたちの明るい未来を支えていきたい」という想いを具現化するため、プラントベースフードの開発に取り組み、「HOBOTAMA」の商品化を実現したそうです。アレルギーなどさまざまな理由で卵を食べられない人も、味わうことができるのもうれしいところですよね。

日本で最も卵を多く扱い、卵に精通したメーカーとして、今後も卵代替食品を中心にプラントベースフードのラインアップ拡充を予定しているそうですよ!

情報提供元 : novice
記事名:「 【たまご不使用のほぼスクランブルエッグ】キユーピーがプラントベースフード第1弾「HOBOTAMA」出荷