透明の橋に置かれたカリカリの、食べ方いろいろ三者三様
良い子悪い子普通の子的な展開です。 見えない橋の上に置かれたカリカリに挑む三者三様の猫たち。今もなお活動中のイモ欽トリオをリスペクトしながらご覧いただければ幸いです。
YouTubeチャンネル「NoLi」にアップされていましたのは、大好物のカリカリを透明なアクリル板に置いたら、猫は渡れるのだろうか?という疑問を検証する動画。 まあ、透明つったって見えないわけではありませんから、難なく渡って食べてしまうだろうと思ったところ、意外や意外。何も気にせずスイスイ登って渡ってモグモグする白猫さん、できるだけアクリル板に乗らずにカリカリだけを食べる茶トラさん、そしてほとんど乗れずに脚立から手が届く範囲のカリカリをなんとかゲットする黒白さんと、同じ猫とはいえ見え方が異なっているんではないかと思われるほど、対応は違ったのでありました。 人間だって同じ物体を見つめていても、見ているものは個人個人でてんでバラバラなんてこともザラですから、カリカリだけを見つめる猫もいれば、周りが気になる猫もいると考えれば不思議ではないのかもしれません。 [Cats vs Invisible Bridge/YouTube]The post 透明の橋に置かれたカリカリの、食べ方いろいろ三者三様 first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「透明の橋に置かれたカリカリの、食べ方いろいろ三者三様