飼い主の死んだふりに付き合う猫たち、微塵も崩れぬマイペース
すぐ見破られる死んだふりくらいじゃ、猫は平常運転のままでした。 猫とともに暮らす皆さまなれば、必ず一度は試したことのある「死んだふり」。助けてくれる猫がいかに少数派かを、思い知らせてくれる動画をご覧あれ。
多数の猫と暮らす、飼い主のKittisaurusさん。期待と撮れ高に胸を膨らませリンゴを齧ってバタリと倒れたところ、驚いた顔を見せる猫たち。さて、そのまま期待通りに心配してくれるのでしょうか。 しかし皆さまのご経験どおり一筋繩では参りません。遠くから立ち上がって様子をうかがったり、体に乗り上がったり、髪の毛を毛づくろいして混乱に陥ったり、お手々を舐めて無事を確認したり、足先を枕にしたり、目の前で鳴き声を上げて起こそうとしたり、同じポーズをとるかのようにゴロリと寝転んだりと、マイペースリアクションの博覧会状態に。最後はどっかと体に乗られたまま、クリスマスツリーを倒す音を聞いて起き上がる飼い主さんでありました。 [Cats vs Fake Death | Kittisaurus/YouTube]The post 飼い主の死んだふりに付き合う猫たち、微塵も崩れぬマイペース first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
ご長寿の猫も輝き若返る、病院直伝毛玉取りのコツ
大丈夫な嘔吐とそうでない嘔吐、獣医師による見分けるポイント
フィットネスマシンの上で揺られる猫、サスペンションの性能を見せつけ

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「飼い主の死んだふりに付き合う猫たち、微塵も崩れぬマイペース