2020米大統領選大胆予想、5匹の猫の投票結果は
9時をもってジョージア、インディアナ、ケンタッキー、サウスカロライナ、バージニア、バーモントの各州での投票が終了です。 4年前にも増してSNSの情報戦が熾烈を極めておりますが、困ったときは猫に聞けの格言を実行した方がいらっしゃいました。猫による2020大統領選であります。
香港の某個人宅で開催された、飼い猫5匹による大統領選シミュレーション。どっちのお皿に猫が食いつくかで占う古典的なアレであります。 1匹目のサビ猫はBaiden氏、2匹目はキジトラ猫でTrump氏に、3匹目のサビ猫はTrump氏、4匹目の白猫さんもTrump氏、最後の茶白猫はBiden氏の皿をモグモグし、予想の結果は3対2でTrump氏が再選ということになりました。 裏口から侵入して投票したり、2回投票したりする猫もいまして、投票日の混乱や騒動までも予測した動画になっていないことを祈るばかりです。そしてもし国家主席選挙予想だったら私たちはこの猫たちを目にすることができたのかどうか、気になるところであります。 [美國大選,貓貓的選擇係? Cats choice for Trump Biden election 2020【香港線上貓舍。小王子】#Trump #Biden #election #cats/YouTube]The post 2020米大統領選大胆予想、5匹の猫の投票結果は first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
飼い主の体の内部が気になる猫、口をこじ開け頭をねじ込む
炭酸水浮かぶうたかたビビる猫、カーテン越しに厳重警戒
人間も鬼も滅する猫の呼吸、壱ノ型から終ノ型まで

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「2020米大統領選大胆予想、5匹の猫の投票結果は