泡風呂に浸かる飼い主に困惑する猫、触れると分かり一安心
泡風呂に入浴中の飼い主を見に来たメインクーンの「信じられない行動を見る目」をとくとご覧あれ。
生後6か月のメインクーンの子猫さん。生まれて初めて泡風呂を見たとのことで、のっけから警戒感はフルボルテージであります。水に入っているだけでも不穏なのにあの得体の知れない白いアレに包まれているなんて、なんということだ、気でも狂ったのかー的なリアクションでしょうか。 あのまま白い泡に包まれていたら、スリスリもペロペロも抱き上げてもらうこともできない。その焦燥感からか目を大きく見開き、瞬きもせずに飼い主を見つめております。右手を差し出されると愛おしそうにスリスリと頬ずりしてから、そっと甘噛みする猫。一安心したのと同時に、甘えたい気持ちがにじみ出たようであります。 [Maine Coon kitten worries about owner in bathtub/YouTube] The post 泡風呂に浸かる飼い主に困惑する猫、触れると分かり一安心 first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
滑り止めマットを小さくしていくと、どこまで猫は乗り続けるか
握手からハロウィンボウルと始めたい猫、間合いがとれずにすれ違い
恐るべき眼力を持つ白黒猫、未来の飼い主初見で見抜く

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「泡風呂に浸かる飼い主に困惑する猫、触れると分かり一安心