食べ残しは廃棄させない前提の猫、無言でカリカリおかわり催促
廃棄前提の人がいるんだったら、廃棄なんてさせないのを前提とする猫だっていても不思議ではありません。 おいしいおいしいカリカリを廃棄させるどころか、いくらでも食べるからどんどんじゃんじゃんもってくるべしといったスタンスを、SNSなどに愚痴っぽく投稿せず無言で伝える猫の動画をどうぞ。
空っぽのお皿を前に動かざること山のGoToし、もとい山のごとしスタイルを貫く猫のミーコちゃん。肥満解消のためおかわりを制限されているのですが、もっと食べたいまだまだ食べたい食べるまでは動きませんという、逆ハンスト戦法であります。 友人の弁護士に相談することもなく一人訴えるミーコちゃんは、鳴き声もあげずにお皿をカタカタ鳴らしたり、心なしか辛そうな顔で「母さん、あのカリカリどうしたでせうね」といった空腹の証明を表明した静かな意志を秘める視線を投げかけたりしております。 ああ、「沈黙は金、雄弁は銀」の諺を知っているのでありましょうか。自らのかわいさを活用して、力強く無言で圧力を掛けるミーコちゃん。しかし飼い主さんも負けてはいません。無言には無言で返す好ディフェンスで圧倒。静かに諦め居場所を移すミーコちゃんでありました。 [無言でおかわりを要求する猫/YouTube]

【関連記事】
平成最後の猫の日記念に猫絵文字も、Twitter公式で猫キャンペーン
選りすぐりの猫の寝顔が大集合、名古屋栄三越で2月5日まで
4Kじゃ足りない緻密な猫画集、出版記念展は銀座で19日まで

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「食べ残しは廃棄させない前提の猫、無言でカリカリおかわり催促