檻の柵から猫ミルクを盗み飲む、檻の主は余裕の黙認 今日も今日とて、昨日に続きミルク盗賊の話題です。 ミルクくらいなら盗み飲みしても怒られなさそうな司祭様ではなく、猫と同じ程度にミルクが好きであろう相手に果敢に挑む姿を、手に汗握りながらご堪能ください。
場所はインドの首都デリーから南西に約250km、ラジャスタン州の州都・ジャイプールにあるジャイプール動物園の虎の檻。動物園では飼育されずに自由な生活を営むと見られる猫が、虎の檻にへばりつき何やら頻りに前脚を突っ込んでペロペロと舐めております。 後ろ姿からは判然としませんが、アングルを変えた映像を見ると、前脚を突っ込んでいたのは虎用に設置されたミルクだまり。しかも、ミルクを失敬しているその目の前を、ミルクの主である虎がウロウロと歩いているではあーりませんか。映像をもう一度最初から見直すと、猫の足元に垂れているのは白い液体なのが分かります。 ところが虎はお腹がいっぱいなのか、外の観客に威風堂々歩く姿を見せるのに気ぜわしいのか、猫のことは見えぬかのようです。もしかしたら、大型ネコ科の貫禄を示すべく、あえて見逃しているのかもしれません。 [Cat steals milk from tiger in zoo/YouTube]

【関連記事】
司祭によるオンラインでの朝の説教、猫がミルクを失敬する回
お隣にあの子がいないとグズる猫、テディベア抱き締め頬寄せ眠る
建築現場で縦穴に落ちた三毛の猫、救助を振り切り自力で脱出

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「檻の柵から猫ミルクを盗み飲む、檻の主は余裕の黙認