「猫はあまり鳴かない」と思っている方も多いのではないでしょうか。
実際、野生の猫は居場所を知られないために発情期以外ではあまり鳴くことはありません。
外で見る人馴れしていない猫が鳴いている姿はあまり見かけないので、「猫は鳴かない」というイメージがあるのかもしれませんね。

しかし、飼い猫は野生の猫と比べてよく鳴くといわれています。
もちろん性格にもよるでしょうが、飼い猫はなぜ鳴くのでしょうか?

飼い猫がなく理由と、鳴き声に隠された猫の本音や気を付けたい鳴き声をご紹介します。
 
1.猫が鳴く理由

野生の猫は、猫同士鳴き声を出さずに匂いやボディランゲージでコミュニケーションをとります。
しかし、人間には匂いやボディランゲージだけでは猫のしてほしい要求や気持ちが伝わりません。
そのため、猫は鳴いて人間に自分の気持ちや要求を伝えようとしているようです。

人間に気持ちを伝える以外にも、発情期になると猫はよく鳴くようになります。
とはいえ、昨今飼い猫の場合は、去勢・不妊手術をしていることが一般的なので発情期で鳴くということは、あまり飼い猫にはないかもしれませんね。

2.よく鳴く猫はどんな猫?

今までの猫の生育環境や性格によっても猫がよく鳴くかどうかは変わってくるでしょう。

猫が鳴きやすいかは個体差がありますが、一般的にはメス猫に比べてオス猫のほうがよく鳴くといわれています。
性格的に甘えたな猫はよく鳴き、自立心の高い猫はあまり鳴かないともいわれているので、甘えたな性格の多いオス猫がよく鳴くといわれているのも納得できます。

生育環境的にはやはり、外での暮らしの長い猫はあまり鳴かず、ずっと人間と暮らしている猫のほうがよく鳴く傾向にあるのだそうです。
外での暮らしが長い猫は、鳴くことが危険につながると思っていることも多いためあまり鳴かないのかもしれませんね。


また、成猫よりも子猫のほうがよく鳴きます。
特に生後間もない子猫は本当によく鳴きます。
子猫は自分でご飯を狩ることも、身を守ることもできないので、鳴いて母猫や飼い主に助けを求めているのでしょう。


3.鳴き声別猫の気持ち

◇「ニャーン」は要求鳴き
猫が「ニャーン」と長く、強く鳴くときは飼い主さんにして欲しいことがあるときの鳴き方です。

トイレが汚かったり、おなかがすいていたり、遊んで欲しかったり…。
猫の要求はその時々のより異なります。
フードボウルの前で鳴いていたらお腹がすいた合図ですし、トイレの前で鳴いていたらトイレが汚れているのかもしれません。
猫が要求で鳴いているときは、「なぜ鳴いているのか」猫をよく観察してみるとわかることが多いです。
トイレなどの衛生面の要求にはなるべく早く答えてあげてください。
ただ猫の要求をなんでも聞いてあげていると猫にとっても人間にとってもいい関係は築けません。
猫の要求を聞いていいか、よく考えてから行動しましょう。


◇「ニャ」は返事やあいさつ
猫が「ニャ」と短く鳴くときは、お返事やあいさつのようなもの。
名前を呼ばれた際に「ニャ」と短く鳴いてお返事を返してくれる猫もいます。
猫と顔を合わせた時や、帰ってきたときなどに短く鳴いてくれるときは、「よっ」「おかえり」のように軽くご挨拶をしに鳴いてくれているようです。

ただ猫の短い鳴き声は好意的なお返事だけでなく、しつこいときに「やめて」を伝えるために反射的に出ることもあるといわれています。
猫の顔をみて、耳がイカのようにとがっていたり、瞳孔が開いていたら、猫が嫌がって鳴いたサインです。
すぐにやめてあげましょう。


◇「ウニャ」はうれしい気持ち
ご飯を食べているときや、甘えているときに聞くことのできる鳴き声です。

子猫が母猫を呼ぶ声にも似ており、猫がうれしい、おいしいなど幸せでうれしい気持ちの時に発する声だと考えられています。

◇「ウー」「シャー」は威嚇
猫が毛を逆立てて、体制を低くして猫がうなっているときは近づかないでほしい、威嚇の鳴き声です。
猫同士がけんかしているときや、猫自身が怖い目にあったときなどに威嚇する鳴き声をあげることがあります。

基本的に猫が威嚇している場合には、猫にはかまわずそっとしておきましょう。

しかし、猫がけがをしているときや、どこか痛いときにも「ウー」とうなって飼い主さんを威嚇することがあります。
普段全く威嚇しない猫が急に威嚇するようになったら、どこか痛いのかもしれません。
しばらく様子を見てあげましょう。

「ケケケッ」「カカカッ」はクラッキング

外を見ながら猫が「ケケケッ」「カカカッ」と不思議な鳴き方をしてびっくりしたことはありませんか?
「ケケケッ」「カカカッ」という猫の鳴き声はクラッキング反応と呼ばれる鳴き方で、獲物を捕まえたいのに届かないときや近くに行けないときにこのように鳴きます。

猫が「あー!!もう!!」というじれったさを表現している鳴き方かもしれません。

◇声が出てないサイレントニャー



猫の口は鳴いているように動いているのに音が聞こえないときは「サイレントニャー」といって、甘えているサインです。
人間には「サイレント」に聞こえるためサイレントニャーと呼ばれていますが、実際には人間の耳では聞き取れないかなり高い音で鳴いているのだそうです。

サイレントニャーは子猫が母猫に甘えるときの鳴き声。
飼い主さんのことを心から信頼して、大好きだからこそしてくれる鳴き声のようです。

4. 要注意!気になる猫の鳴き声

◇猫の鳴き声がかすれている
猫の声がかすれているだけではなく、目の瞬膜がでている、目やにがでている、くしゃみや鼻水がでているなどの症状もある場合、猫が風邪をひいている可能性があります。
猫の風邪は人間の風邪とは違い放っておいても治るものではありません。
猫風邪の症状とともに声がかすれている場合には早めに病院を受診しましょう。

また、猫風邪の症状がみられないのに猫の声がかすれている時は、猫が鳴きすぎて声帯に炎症が起きていることもあるようです。
肺炎の原因になることもあるので、かかりつけの獣医に相談しましょう。

◇いつもと違う様子で鳴く
「いつもと違う」と漠然と書くとどんな状況??と思われるかもしれません。
しかし、猫がいつもよりよく鳴く、声が違う気がする、いつもより長く鳴いている、いつもしない行動をしながら鳴く…など、猫のことを毎日見ている飼い主さんなら微妙な違和感もわかるはずです。

猫の様子がいつもの様子とは異なり、鳴いているときは、脳神経の異常や高齢の場合には認知症の可能性があります。
猫の行動や鳴き声がおかしいと感じたら、動物病院にまずは相談してみてください。

◇活発でよく鳴く
シニア猫に多いのですが甲状腺機能亢進症の猫も大きな声でよく鳴くといわれています。
甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの異常分泌によっておこる病気です。
10歳以上の猫に好発し、シニアのわりに活発に動き回り、よく鳴くことが多いそうです。

甲状腺機能亢進症は薬で収まる病気です。
血液検査でわかるので、気になるようであれば一度検査をしてもらいましょう。

5.
鳴き声がうるさいときの対処法



猫がよく鳴いてうるさい、と思ったら、まずは猫がなぜ鳴くのかを考えましょう。
猫に病気の可能性がないか、猫が鳴いてしまうようなストレスをかけていなか、よく考えてください。


思い当たる節がなく、猫が要求鳴きばかりを続けているのであれば「無視をする」というのも1つの手です。
猫は賢い動物です。
そのため、鳴いて要求がなんでも要求が通ると、人間は「うるさくすれば言うことを聞いてくれる」と学習してしまいます。
かわいそうかもしれませんが、猫が鳴いておねだりしてくる要求をすべて飲むのではなく、無視することも必要です。
無視し続けるとそのうち猫も「鳴いても無駄」だと理解し、鳴く回数が減ります。

ただ、すべての猫の鳴き声を無視していると猫に嫌われてしまう可能性もあります。
猫と遊べる時には遊ぶ。甘やかしてあげられる時には猫を甘やかしてあげる。など、普段からしっかりと猫に愛情を伝えたうえで無視してください。

いかがでしたか?
猫の鳴き声にはいろいろな感情が込められているようです。
猫のお話しする言葉と気持ちを理解できればもっと猫と仲良くなれるはずです。
猫の鳴き声やしぐさをよく観察しながら、猫の気持ちを考えてあげてみてくださいね。

情報提供元 : 猫壱
記事名:「 猫が鳴く理由とは?鳴き声でわかる猫の気持ちと病気のサイン