バンカラーという言葉を聞いたことがある飼い主さんはそれほど多くはないでしょう。バンカラーとは「猫の被毛パターン」のことです。この被毛パターンはレアなので、バンカラーの猫を見かける機会は少ないです。ペットショップに行ってもあまり見かけません。

この記事では、バンカラーとは一体どのような被毛のパターンなのか、どのような種類の猫がバンカラーの被毛のパターンを持つのかを解説していきます。

バンカラーとはどんな被毛のパターンなの?

あくびをしている猫

pixabay.com

バンカラーとは、ほとんどが白い被毛でおおわれているものの、尻尾と頭だけに色が入っている被毛のパターンのことです。

バンカラーの中にもさらに種類があります。「バンキャリコ」「バンバイカラー」という種類です。このうち「バンキャリコ」は、白以外にクリーム&ブルーの2色ないしはブラック&レッドの2色が加わった被毛パターンです。

一方、「バンバイカラー」は、白以外にレッド、クリーム、ブラック、ブルーのうちのいずれか1色が加わった被毛パターンのことです。

白い被毛の量と名称の違い

白い被毛の量によって被毛パターンの名称は異なります。バンカラーが白い被毛が一番多い柄です。次にハーレクイン、続いてバイカラーとなります。

ハーレクインは尻尾と頭以外の場所にも色がついています。ぶち柄の猫も、白い部分がおおければハーレクインの被毛パターンとなります。

さらに、バイカラーともなれば、さらに他の部分にも色がついていて、白い部分は全体の2分の1しかない場合もあります。バイカラーの被毛パターンを持つ猫の場合、足や腹部が白いというパターンがよく見られます。

バンカラーのパターンを持つ猫の種類を紹介

ラグドール

pixabay.com

ここからは、バンカラーの被毛のパターンを持つ代表的な猫の種類を挙げます。

組み合わせによってはバンバイカラーの猫

「ラグドール」はバイカラーの代表種です。この猫は白斑の遺伝子を持っています。そのため、組み合わせによってはバンバイカラーのラグドールが生まれます。

ラグドールは、米国のカルフォルニアで飼われていたシールポイントがベースとなっています。その後、ペルシャ猫、バーミーズなどと交配を重ねて行き、2000年にアメリカの猫種登録協会によって公認されました。

耳の間が平らでふさふさしたしっぽを持ち、瞳は青色です。

性格は人懐っこく抱っこされるのが好きです。抱っこしても、わりとじっとしています。

ラグドールは小さい子にちょっかいを出されても、めったに感情を表に出しません。根気よく接してくれます。他の種類のペットとも上手に暮らして行けます。

従順な性格で、いたずらをして物を傷つけることも少ないです。そのため、猫を始めて飼う人でも安心して飼うことができます。

種類の全ての猫がバンカラーの猫

猫

pixabay.com

その種類の全ての猫がバンカラーの被毛のパターンを持っているという猫の種類もあります。それが「ターキッシュバン」です。

ターキッシュバンは、トルコのバン地方で生息している猫の種類です。数少ない希少猫で、トルコでは国宝レベルの貴重な猫とされていて、血統が保全されています。

ターキッシュバンの胴体は長くて、しっぽはふさふさです。耳の間隔は少し狭く、大きな目を持っています。冬の時期は長く密集した被毛となり、夏の時期は、尻尾以外は短い毛となります。このように、季節によって毛が変化します。

大切に育てられているターキッシュバンは社交的です。他のペットとも上手につき合うことができます。また、賢くて安定した性格であり、活発で遊びが好きな猫でもあります。

猫には珍しくターキッシュバンは泳ぐことが好きです。それで、お風呂に飛び込んでしまわないよう気を付ける必要があります。

掛け合わせによってはバンカラーの猫

バンカラーは白の遺伝子の組み合わせによって生まれますので、色々な猫種と掛け合わされてきた「ミックス猫」の中にも、バンカラーを持つ猫が生まれることがあります。

ミックス猫とは、一定の品種のことをさすわけではありません。様々種類が混ざった猫のことを表わしています。そのため、色々な柄があります。その色々な柄の中の一つとして、バンカラーを持つ猫が生まれる場合があります。

性格についても、様々な種類が混ざっていますので、どのような種類が混ざっているかによって性格は変わってきます。人懐っこい性格のミックス猫もいれば、野生で自立してきたヤマネコの種類が混ざっている場合には、警戒する習性を持つミックス猫もいます。

情報提供元:mofmo
記事名:「輝く白が魅力的!バンカラーの猫の特徴や種類を詳しく紹介します!