猫の行動あるあるとは、猫たち特有の行動パターンのことです。猫の飼い主さんなら一度は見たことがある不思議な行動や思わずつっこみたくなるような矛盾行動など、猫を愛する方にはよく話のネタになるような行動を指します。

今回はそんな行動あるある10選をご紹介したいと思います。きっと「経験したことがある」「うちの猫もそれをよくやる」といったものばかりでしょう。

猫の行動あるある1:忙しい時にすり寄ってくる

女性のそばにいる猫

pexels.com

猫は自由気ままな動物で、私たちが一緒に遊びたいと思っても近寄ってくれないことすらあります。飼い主さんがスキンシップ取りたい時に限って相手をしてくれません。

逆に、飼い主さんたちが忙しい時ほど何故かすり寄ってくるものです。そのような時は、あまり冷たい対応をしたくないとはいえ、忙しいのでどうしても相手できないことが多いはずです。

しかし猫は飼い主さんの事情などお構いなしです。「もうちょっと後で」といっても全く言うことを聞いてくれず、仕事を邪魔してばかりです。むしろそれを楽しんでいると思えるほどです。

猫の行動あるある2:カーテンと格闘する

カーテンの裏に隠れる猫

pixabay.com

猫には本能があるため、動くものであれば獲物に見立てて狩りの練習をすることがあります。

そんな猫の遊び相手としてよく選ばれているのがカーテンです。カーテンは揺れていようが揺れていまいが猫たちの標的になります。

猫たちはカーテン相手に爪を立てて遊ぶため、大事なカーテンが徐々にボロボロになっていきます。なんとか止めてほしいものの、本人たちは必至で格闘しているので全く気にしてくれません。

猫の行動あるある3:寝ているとお腹の上に乗ってくる

あくびをしている猫

pixabay.com

夜に寝ていると、猫たちがそばで一緒に寝てくれることがあります。非常に可愛らしい一面ですが、なぜか寝る場所が特徴的です。

飼い主さんの布団の中や懐で寝てくれればいいのに、あえてお腹の上で寝ようとするのです。

気持ちよく寝ているとお腹に重みを感じます。目を開けると丁度お腹の真ん中で腰を落として丸まって猫が寝ていることは珍しくありません。降ろしてしまうのもかわいそうなので我慢はするものの、なかなか寝苦しさを感じてしまいます。

猫の行動あるある4:流れる水しか飲もうとしない

水を飲む猫

pixabay.com

せっかく容器に水を入れているのに、そこから飲もうとしない猫がいます。

一方、蛇口をひねった途端に流れる水を飲もうと近づいてくることがあります。抱っこして水に近づけてあげると、喉が渇いていたかのようにペロペロと水を飲み始めます。

不思議な行動ですが、実はこれは猫が新鮮な水を得るための知恵だといわれています。溜まった水は新鮮でなかったり腐っていたりするものです。対して流水であれば確実に新鮮だと分かります。猫はその違いを本能で分かっているので、流れる水をあえて飲もうとするのです。

蛇口から飲むこと自体は問題ありません。ただ飼い主さんが毎回蛇口をひねってあげるわけにはいかないので、あまり水を飲んでくれない猫にはキャットフードなどに水を含ませてあげて対処する必要があります。

猫の行動あるある5:洗濯物の上でくつろぐ

猫

pixabay.com

猫たちは洗濯物を取り入れた瞬間や、洗濯物を畳んでいるタイミングを見逃しません。

そのような時にいきなり近づいてきて、せっかく洗ったばかりの洗濯物の上に座ってくつろぎ始めることがあります。重い猫であれば洗濯物にしわが入ったり抜け毛が付着してしまったりします。

洗濯物を素早く畳んでタンスに片付けようと思っても、気を抜くと猫に座られてしまいます。絶対に阻止したい方は猫を部屋から閉め出すくらいの対処が必要です。

情報提供元:mofmo
記事名:「猫の行動あるある10選を一挙紹介!一度は必ず見たことがあるはず!