猫は人間ほど多くの色を認識することはできません。すい状体という、色彩を判別する器官に人間ほどの機能がないからです。

猫の目は黄色と緑色ははっきりと見えます。黒色と白色も認識しやすい色です。一般的に青色については判別はできるものの、見えにくい状態です。さらに、赤系の色は判別しづらい状況です。

そんな状況ですが、猫にもこの色が好き、この色は嫌いといった色の好き嫌いがあります。ではまず、猫の嫌いな色に注目してみます。

猫が嫌いな色はどんな色?

猫

pixabay.com

猫の嫌いな色として、黒色やグレーをあげることができます。これから、それぞれの色について考察します。

黒色

猫は黒色が嫌いです。なぜ嫌いなのでしょうか。その理由の一つは、黒がカラスを連想させる色だからです。カラスといえば猫の天敵です。天敵を連想させるカラーなので、嫌いなのもうなずけます。

中には、黒色のソファーや、全体的に黒い色の洋服を着ている人にあまり近づきたがらない猫もいます。

グレー

グレーは、実は猫にとっては目えにくい色です。そのため、猫にとっては反応が悪い色の一つになります。それで、ここでは猫が嫌いな色に含めています。グレー系の猫のおもちゃを振って遊ばせようとしても、反応が悪いことがあります。

続いて、猫の好きな色に注目します。

猫が好きな色はどんな色?

猫

pixabay.com

猫が好きな色には、黄色と緑色、赤系の色があります。これらの色に注目してみましょう。

黄色と緑色

猫は黄色と緑色についてははっきりと見ることができます。こうした事情があるので、例えば複数のおもちゃなどを猫に与えた場合、黄色や緑色のおもちゃの方により飛びつくという傾向が見られます。

黄色や緑色の方がよりはっきりと見えるので、本能が刺激され、猫は好んで黄色や緑色のおもちゃにじゃれついてきます。

赤系の色

赤系の色は猫にとってよく分からないはずの色なのですが、ピンクはなぜか好きという猫がいます。遊び道具についても、ピンクの遊び道具に食いつきが良かったりする場合があります。

猫の色の好みを生活に取り入れてみよう

猫とおもちゃ

pixabay.com

ここまで猫の好きな色、嫌いな色について考えました。では、猫の色の好みをどのように日頃の生活に活かすことができるか取り上げます。

リラックススペースのカラーを見直そう

人間も、くつろぎスペースに置く家具などを自分の好きな色にするとリラックスできます。同じように、猫のリラックススペースも猫の好きな色に変えてあげるなら、猫はよりくつろぐことができます。

例えば、毛布についてはいかがでしょうか。毛布の素材は猫によって気に入る気に入らないがあるかとは思いますが、それと共に色も猫のお気に入りの色にしてあげましょう。

毛布は猫が顔をうずめたりする大事な道具です。猫が好きではない黒色の毛布よりも、安心してゆっくり休める好きな色を選んであげるほうが、猫はよりリラックスすることができるといえます。

おもちゃの色について考えてみよう

おもちゃの使い方によって猫の食いつきが変わる場合もありますが、おもちゃの色に問題がある場合もあります。緑色や黄色、赤系の色など、好きな色のおもちゃに代えてあげるてください。

おもちゃで遊ぶという行為は、ストレス発散にもつながる大事な行為です。特に、外に出ることができない室内飼いの猫にとっては、運動不足を解消する上で大切な役割を果たします。

おもちゃ自体の色が原因で食いつきが悪くなってしまうと、猫が元気に過ごせなくなってしまうので、様々な色のおもちゃを試してみて、お気に入りの色のおもちゃで一緒に遊んであげましょう。

飼い主さんが着る洋服の色について考えてみよう

ブラッシングをしてあげたり、爪を切ったり、目のまわりや耳や鼻のお掃除をしてあげたりと、飼い主さんが猫のために時間をとってやらなければならないことはたくさんあります。

そんな時、もし飼い主さんが黒い色の服だけを着ていたら、猫は飼い主さんのもとから逃げてしまう可能性があります。ただでさえじっとしておいてもらいたい繊細な作業ですのに、飼い主さんの近くでじっとしてくれなければ作業も大変です。それで、そんな猫のケアのための時間には、猫が好きな色の洋服を着ていた方が効果的です。

猫の色彩感覚についてはまだ謎も多いですが、猫には好きな色、嫌いな色があることが分かります。私たちが思っている以上に猫の視力は悪いので、認識できる色の種類も少ないです。そして、人間と猫では見える色も異なり、見え方も異なっています。

猫の見え方について考えてあげることは、猫との絆を強めて行くうえで役立つといえます。

情報提供元:mofmo
記事名:「猫には好きな色、嫌いな色ってある?猫の好みの色を取り入れてみよう!