犬にみかんを与えても問題ない?

子犬とみかん

Olena Polianychko/shutterstock.com

犬はほとんど味覚を感じることができないといわれていますが、甘味は分かるようなので、犬は甘みを感じる食材を好む傾向にあります。

犬や猫は柑橘類の香りや味を苦手とする場合が多いですが、中にはみかんが大好き!という犬もたくさんいます。人間が食べる食材の中には犬には害となるものも存在しますが、みかんには中毒症状を引き起こすような成分は含まれていないので、基本的には安心して与えることができます。

犬にみかんを与える時は外皮をきちんと剥いてから与えましょう。外皮にはワックスや農薬が付いている場合もありますし、そうでなくても消化不良を起こしかねないからです。

みかんの薄皮を取らずに食べる方も多いと思いますが、やはり犬にとっては消化に良くない可能性があるので、取り除いてから与えた方が良いでしょう。種もきちんと取り除くようにしてください。

犬にみかんを与えてもいい量

みかん

pixabay.com

「うちの子はみかんが大好きだから!」といって毎日たくさん食べさせるのは体に良くありません。みかんには糖分も含まれていますし、水分量も多いですから下痢や嘔吐などの原因にもなってしまいます。

きちんと適量を守って与える必要がありますが、そもそも犬にとっての「適量」とはどれくらいなのでしょうか。それは犬の体重によって違いがあります。

超小型犬の場合

超小型犬には体重が4kg未満の犬種が含まれます。トイプードルやチワワ、ヨークシャーテリア、ポメラニアンなどがいます。

超小型犬に間食やおやつとしてみかんを与える場合は、1日に7g~17g程度で良いでしょう。みかん1房がだいたい7~8g前後なので、1房もしくは2房が目安になります。

小型犬の場合

小型犬とは体重が10kg以下の犬のことをいいます。ミニチュアダックスフンドやパグ、キャバリアキング、柴犬などが挙げられます。

小型犬に1日に与えていいみかんは25g~40g程度です。これはみかん3房から5房ほどになります。

中型犬の場合

中型犬とは体重が25kg以下の犬のことです。フレンチブルドッグやスパニエル、ブルテリア、ボーダーコリーといった犬種がいます。

中型犬に与えていい目安量は56g~81g程度です。みかん7房から10房程度になります。

大型犬の場合

体重が25kg以上の犬を大型犬といいます。代表的な犬種としてはレトリーバーやグレーハウンド、アイリッシュセッター、ドーベルマンなどがいます。

大型犬のみかんの適正量はおよそ81g~117g前後です。みかん10房から15房程度と覚えておきましょう。

子犬の場合は注意が必要

子犬にみかんを与える時は特に注意が必要です。子犬はまだ消化器官が発達していないので、すぐに嘔吐や下痢など消化不良を起こしやすいからです。子犬にみかんを与える時は体重に関わらずほんの少しにするか、わざわざ与えなくてもよいといえます。

犬にみかんを与えることで期待できる効果

笑う犬

pixabay.com

みかんを食べると、犬にとって嬉しいどんな効果があるのでしょうか。

抗酸化作用

みかんにはたくさんのビタミンが含まれています。特にみかんの果汁に多く含まれるβ-クリプトキサンチンと呼ばれるカロテノイド色素には、抗酸化作用をもたらす効果があります。それにより老化を防止し免疫力を高めることができます。

整腸作用

みかんには「ペクチン」という水溶性の食物繊維も豊富に含まれています。このペクチンは便通の働きを良くすることや、便秘の予防や解消に役立ちます。これによりお腹の調子を整えることができます。

疲労回復効果

みかんにはクエン酸やカリウムも含まれています。これらにはエネルギーを効率よく補給して疲労を回復する効果や、酵素を活性化する働きがあります。

犬にみかんを与えるときの注意点

皮を剥いたみかん

pixabay.com

犬にみかんを与える時は、一度にたくさん与えないことや皮や種は取り除くことに加えて、ほかにも注意したいことがあります。

それは心臓や腎臓などに持病を持っていて投薬中の犬に与える場合です。みかんに含まれる成分がある特定の薬剤と作用することで、薬の働きに影響を与えてしまう場合があります。もし投薬中もしくは持病をもつ犬にみかんを与える時は、かかりつけの獣医師に相談してからにしましょう。

また、特定の食べ物にアレルギー反応を示す犬もいます。もしみかんを口にした後で何らかの体調の変化が見られるなら、すぐに獣医師に見てもらうようにしてください。

みかんの缶詰やみかんジュースは与えても問題ない?

オレンジジュース

pixabay.com

みかんの缶詰やみかんジュースといった加工品も犬に与えることができるでしょうか。

フルーツの缶詰はシロップ漬けになっていて、砂糖が大量に入っているので与えない方がよいです。糖分の摂り過ぎは肥満や糖尿につながるリスクがあります。缶詰以外にも市販のみかんゼリーやアイスにも砂糖は使用されているので、与えないようにしてください。

特にアイスの場合、砂糖だけでなく牛乳の問題もあります。人間用の牛乳は乳糖不耐症を引き起こし、下痢や嘔吐になる可能性があるので、犬には与えない方が賢明です。

みかんジュースは無糖の100%ならOKです。ただし、市販の100%ジュースには香料や糖分などの添加物が含まれている場合があるので、原材料をよく確認してから与えるようにしてください。できれば、みかんそのものをしぼった手作りの方が良いでしょう。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬にみかんはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!