はじめに

猫を飼っていると、抜け毛の処理に困ってしまいますよね。洋服に抜け毛がついてしまうとなかなか取れません。実は、洋服についた抜け毛を取るにはコツが必要なのです。そこで今回は、抜け毛を簡単に取る方法をご紹介したいと思います。抜け毛が付着して困っている方は必見です。

猫の抜け毛に困っていますか?

猫の抜け毛がついたTシャツを着ている男性

Supaleka_P/shutterstock.com

猫の抜け毛に困っている人は多いでしょう。抜け毛は床やカーペットなどにくっついてしまってなかなか取れません。飼い主さんたちの洋服にも抜け毛がくっつくこともありますよね。

外出した時にも猫の抜け毛が洋服にたくさんついていて恥ずかしい思いをしたことがあるかもしれませんね。そんなことにならないように、お家で猫の抜け毛を上手に取り除くようにしましょう。

猫の毛が抜けるのはしょうがない

猫には被毛が生えており、それが抜けてしまうのはしょうがないことです。猫を飼育する以上、抜け毛には対処しなければいけないものなのです。

猫には長毛種と短毛種がいます。特に長毛種の猫を飼育していると、抜け毛が目だって大変かもしれません。猫は家の中で自由に行動しており、飼い主さんが座るソファーや椅子などでもゴロゴロと遊んでいることが多いです。

そのため、猫が抜け毛をまき散らした場所で生活することで、知らず知らずのうちに洋服が抜け毛まみれになっているのでしょう。猫を煩わしく感じないようにするためにも、猫の抜け毛には上手に対処できるようになっておきたいですね。

洋服についた抜け毛を上手に処理しよう

洋服についた抜け毛はどのように処理しているでしょうか?家庭によって抜け毛を取る方法は違っているかもしれませんね。猫を飼っている方たちのお勧めできる抜け毛処理方法を集めましたので、参考にしてみてください。

普段は洋服についた抜け毛が気にならないとしても、換毛期にはたくさんの毛が抜けてしまいます。その時期だけでも重点的に対処するのもアリですよ。

洋服についた抜け毛を取る方法①:粘着テープ類

コロコロで服に付いた毛をとっている女性

DimaBerlin/shutterstock.com

洋服についた抜け毛を取る方法として、一番手っ取り早く、効果が高いのは、粘着テープ類を活用することです。今ではお掃除の際の定番用品ともなっている粘着テープですが、洋服についた抜け毛やホコリ、糸くずを取り除くにもピッタリです。

粘着クリーナー(コロコロ)

多くの飼い主さんが粘着クリーナーを活用しているでしょう。粘着クリーナーは、粘着質のローラーが転がることによって、広い範囲のゴミや抜け毛などを絡めとることができるお掃除用品です。粘着クリーナーはコロコロと転がすローラー形式です。その形から「コロコロ」とも呼ばれています。

粘着ローラーは一周ごとに区切りがついており、簡単にはがして新しい粘着面で転がすことが出来ます。非常に使い勝手が良いので、粘着クリーナーを1つは持っている家庭がほとんどではないでしょうか?

洋服についた抜け毛も簡単に取れてしまいます。粘着ローラーは特に洋服全体に付着した抜け毛を大まかに取り除くことに向いています。ローラーなので、細かい部分などに付着した抜け毛を取り除くのは苦手です。

ガムテープ

ガムテープで洋服の抜け毛を取り除いている飼い主さんも多いと思います。非常にシンプルですが、それ故に応用が利くのでオススメです。

粘着ローラーが短時間で全体をきれいにするのが得意なのに対して、ガムテープはデコボコした部分や、細かい範囲の抜け毛を取り除くのに効果的です。粘着力も強めなので、小さい抜け毛も逃さずに取り除くことが出来るでしょう。

ガムテープのメリットは、コストパフォーマンスにもあります。ほとんどのガムテープは非常に安価で手に入りますし、一度に使用する量も少ないです。必要な分だけ切り取って使用できますので、無駄もほとんどありません。

洋服についた抜け毛を取る方法②:洗濯

洗濯している女性

Rozhnovskaya Tanya/shutterstock.com

多くの方は洗濯する前に洋服についた抜け毛を取り除いてしまいたいと考えるでしょう。抜け毛がついたまま洗濯してしまうと、抜け毛が他の洋服にもくっついてしまうからです。

小さな抜け毛が多いと、洗濯前に取り除く時間がかかりすぎてしまうかもしれません。もちろん、すべての抜け毛を取り除くこともできませんから、どこかで区切りをつける必要もありますね。

洗濯の際の洋服の抜け毛に困っているのであれば、洗濯で抜け毛を取り除く方法を試してみるのも良いですよ。洗濯用品を上手に活用することで、他の洋服に抜け毛が移ることなくきれいに取り除くことが出来ます。

これから、洗濯の時に活躍する抜け毛除去用品をご紹介します。

抜け毛用洗剤

洋服を洗濯する時には、通常の洗剤を使用している人がほとんどだと思います。しかし、猫などのペットを飼育している人は、その洗剤を「ペットの抜け毛用洗剤」に変えるだけで、抜け毛の悩みを軽減することができます。

ペットの抜け毛用洗剤には、離毛促進剤が含まれており、洋服についている猫の被毛が取れやすくなります。洗剤を変更するだけですから、簡単に取り入れることができますし、他の方法との併用も可能です。

ペットの抜け毛洗剤には消臭効果などがついたものも多く、猫を飼育している家庭にはとってもおすすめできますよ。

洗濯スポンジ・洗濯ボール

猫の抜け毛が付着した洋服を洗濯する際には、洗濯スポンジや洗濯ボールなどを活用するのもおすすめです。

洗濯スポンジや洗濯ボールとは、洗濯ものと一緒に洗濯機の中に入れることが出来るスポンジや柔らかいボールの事です。

一緒に洗濯することで、洋服から離れた抜け毛がスポンジやボールに絡みつくようになります。絡みついた抜け毛は再び離れることが無いので、他の洗濯物にくっついてしまうことを防ぐことが出来ます。

スポンジはもともと抜け毛が絡まりやすいです。洗濯ボールは表面がザラザラしていたり、突起状のモノがいくつも突き出ていたりするので、抜け毛が絡まりやすいようです。

洗濯スポンジやボールを活用することは、洗濯物に再度抜け毛が付着することを防ぐだけでなく、洗濯機の中で抜け毛が固まってしまったり、排水口を塞いでしまったりすることを防いでくれるメリットもあります。

洗濯ネット

洗濯ネットを活用する方法もあります。洗濯ネットは通常洗濯物を中に入れて、傷まないようにするためのものです。しかし、洗濯ネットを違った使い方をすることで、抜け毛だけを集めることが出来るのです。

まず洋服などを洗濯機の中に投入したなら、一番上に中に何も入れていない洗濯ネットを置きましょう。後は洗濯機を作動さえるだけです。

洗濯ネットは網目上になっていますので、抜け毛が絡まりやすく、浴槽内の抜け毛を集めてくれます。他の洋服に再度付着することを防いでくれる優れモノです。

洗濯スポンジや洗濯ボールよりも柔らかい素材で出来ていますので、洋服を傷つけたりする可能性が低いです。大事にしたい洋服を洗濯するときには、洗濯ネットを活用するといいですよ。

柔軟剤

洋服を選択するときに柔軟剤を使用する人は多いのではないでしょうか?実は柔軟剤を活用することで猫の毛が付着しづらくすることが出来るのです。

洋服について抜け毛を取りたいなら、静電気防止効果のある柔軟剤を使用しましょう。衣類が帯電しづらくなり、猫の毛が付着しづらくなります。

柔軟剤には消臭効果や抗菌効果が付与されたものが一般的ですよね。猫と一緒に生活している家庭にはおすすめのアイテムだと言えます。

洋服についた抜け毛を取る方法③:吸引機

掃除機でソファについた抜け毛をとっている女性

Hananeko_Studio/shutterstock.com

猫の抜け毛はなかなか取れないものです。粘着テープ類でも取れづらいなら、より強力な吸引機を活用しましょう。強い力で吸引することにより、猫の毛を取り除くことが出来ます

掃除機

多くの家庭には掃除機があるはずです。床やカーペットなどのゴミやホコリ、抜け毛を取り除く際には大活躍する掃除用品ですよね。掃除機は洋服についた抜け毛を取ることも出来ます。

吸引力を弱めにして、洋服の上をざっと掃除機で撫でるだけで大抵の抜け毛は取れてしまうでしょう。素早く取り除くことが出来るので、時間が無い時には大変便利です。

しかし、掃除機の活用には大きなデメリットがあります。それは吸引力が強すぎると洋服にダメージを与えてしまうということです。頑丈な素材の洋服であれば問題ないでしょうが、ウールや薄い布地、柔らかい素材の洋服は形が変わってしまったりシワが出来てしまったりします。

ですから掃除機を活用する際にはデメリットに十分気を付けましょう。

ハンディ吸引機

コンパクトサイズの吸引機も活用できるでしょう。小さいサイズの吸引機であってもパワーが強いものはたくさんあります。洋服についた抜け毛も上手に吸い込むことが出来るでしょう。

しかし吸引口を直接洋服で塞いでしまうと、真空状態になり洋服が傷んでしまいます。吸引口の先端にはブラシを装着すると良いでしょう。ブラシで洋服についた抜け毛を集めつつ吸引することが出来ます。

掃除機と同じく、本来は洋服に使用するアイテムではないため、使用には細心の注意が必要となるでしょう。アウターなど比較的頑丈な素材の洋服で試してみるのが良いですかもしれませんね。

情報提供元:mofmo
記事名:「猫の抜け毛を上手に処理しよう!洋服についた猫の抜け毛をとる4つの方法を紹介