メイドシーシャ ふ~も

image:秒刊SUNDAY

日本では紙巻タバコの価格が上がり続け、2021年10月にはセブンスターが600円になることが発表されました。繰り返すタバコの値上げを受けてか、ここ数年「シーシャ」と呼ばれる水タバコの専門店が増加傾向にあるといいます。そんな日本でも人気上昇中のシーシャを「メイドさん」に作ってもらえるという一風変わったお店に潜入してきました。

「シーシャ」ってなあに?

様々な香りをつけたタバコの葉を加熱した炭などで熱し、出た煙を専用の容器に入れた水を通して吸い込む嗜好品。吸口はマウスピースと呼ばれ、様々なデザインの物が存在します。一般的な紙タバコに比べて嫌な匂いがほとんど無く、ニコチンもかなり少ないと言われています。

image:秒刊SUNDAY

中近東で発明されたと言われる水たばこは、その後インド北部や中国、東南アジアの一部に伝わりました。現在でもトルコなど中近東のイスラム圏では、人々がコーヒーハウスやチャイハネ(喫茶店)で水パイプをくゆらす光景が見られます。近年では日本での認知度も高まっています。

引用:JT「水タバコ(シーシャ)」

メイドシーシャ「ふ~も」へ行ってきました

シーシャというと、薄暗い店内で強面のお兄さんが・・・なんていうイメージをお持ちの方もいらっしゃると思うのですが、萌えソングが流れる明るい店内で、メイドさんがお給仕してくださるお店を発見!場所は歌舞伎町、職安通りから入ってすぐの場所にありました。

職安通り沿いのアパホテル「東新宿歌舞伎町タワー」を歌舞伎町方面に曲がり、すぐに左の細い道に入ります。

image:秒刊SUNDAY

目の前に東横イン「歌舞伎町」の看板が見えるので、トラックで陰になっている細い道を左に曲がります。

image:秒刊SUNDAY

ここの雑居ビルの1階が、メイドシーシャ「ふ~も」です!

image:秒刊SUNDAY

一見入りにくそうに見えますが、中は明るくて開放的な空間なので大丈夫。思い切って扉を開けてみると・・・

image:秒刊SUNDAY

思ってたシーシャのお店と違う!清潔感溢れる店内は、ほんのりフルーツの香りが漂う空間になっていました。換気もバッチリなので、長時間の滞在も快適なはず。

image:秒刊SUNDAY

お店では「メイドさん」がお迎えしてくださいます。本日は店長の「せい」さんが出迎えてくださいました。ただし「メイド喫茶」でないため、いわゆる「萌え萌えキュン」ではなく、一般的な「おもてなし」をしてくださいます。筆者としてはあの感じが苦手なので、逆に落ち着いてお給仕していただけそうです。

image:せい

そしてもうひとり。こちらの新人メイドさん、お名前は「みゆまる」さんというのですが、不定期レア出勤だそうですよ。

image:miyumaru

気になるお値段はご覧の通り、安心のサービス料・税込みです。

メイドシーシャ「ふ~も」料金表(サービス料・税込)
ご帰宅料(チャージ料) 500円
シーシャ(一式・炭替え込) 1,700円
ソフトドリンク 500円
アルコール類 800円
ツーショットチェキ 1,000円
キャストドリンク 1,000円

ワンドリンク制となっているので、最低料金は「ご帰宅料+シーシャ+ソフトドリンク」の2,700円。混雑時は2時間の入れ替え制となりますが、満席でなければ時間無制限だそうです。筆者のおすすめは、キャストドリンクとツーショットチェキ各1,000円、メイドさんがかなり喜んでくれますよ。その他の価格は画像をご覧ください。

image:秒刊SUNDAY

「シーシャ」を作ってもらいました

組み合わせによって、星の数ほどのフレーバーがあるというシーシャ。おすすめが黒板に記載されているので「ブルーベリーヨーグルト」を選びました。ここまではスイーツの美味しいメイドカフェといった感じです。

image:秒刊SUNDAY

ブルーベリーにタバコの葉っぱを漬けたものと、ミルクに浸けた葉っぱを定量ボウルに入れ、ハサミで細かくしていきます。これを燻すことで、ブルーベリーヨーグルトの香りになるんですって。

image:秒刊SUNDAY

フレーバーを調合している間に、炭を熱しています。(伺った際はお二人で作業されていましたが、ワンオペの日もあるそうです)

image:秒刊SUNDAY

ここから先の細かい作業は省きますが、フレーバー・炭・水・ホースなどをセットすれば「吸える」状態になります。最後に「吸い出し」といういわゆる「テイスティング」的な作業をするのですが、この調整がなかかな難しいのだとか。

image:秒刊SUNDAY

シーシャ初心者の方だと煙を多く吐くのが難しいそうなのですが、店長の「せい」さんだとご覧の通り!煙をキレイに吐き出すコツは「アホ顔」をして口をぽかんと開けることだそうです。さて、これで全ての準備が完了となりました。

image:秒刊SUNDAY

コワーキングスペースとしてテレワークも!?

使い捨てのマウスピースを差し込んだら、座り心地最高のクッションでのーんびり。無料Wi-Fiも完備しているため、コワーキングスペースとして使用される方もいらっしゃるようです。空いている時間には、なんとZoom会議をしていた方もいたとか・・・萌えソングとかわいいメイドさん、そしてシーシャとテレワーク。なんかもう、最高すぎる!

image:秒刊SUNDAY

そして筆者は数十年ぶりのシーシャを一口・・・思い出した!煙というより水蒸気ですね、その中からブルーベリーの甘さとミルク(ヨーグルト)の風味が口から鼻に抜けてきて、リラックス効果抜群!紙タバコとの違いは「肺に煙を入れない」ことで、口の中に煙を入れてそのまま吐くのがコツ。

煙の匂いはフレーバーによって変わりますが、嫌な臭みは全くありませんし、洋服や髪の毛に移ることもほとんどありません。タバコの煙が大の苦手な筆者でも大丈夫でした。これは紙タバコが苦手な人こそ、吸いに来るべきですよ。

image:秒刊SUNDAY

しばらくして炭の温度が低くなると、煙の量が減ってきます。そのため、メイドさんが炭の取り換え(無料)と「吸い出し」をしてくれるのです。もし「炭替え」の前に煙が少なくなってきたら、メイドさんに優しくお願いしましょう。

image:秒刊SUNDAY

また、味が薄くなって来たと感じたら、1,300円でフレーバーを新しくしてもらうことも可能です。吸い方によって差はあると思いますが、約2~3時間が目安になります。せっかくですので、トップ替えの際は最初のフレーバーとは真逆の味を楽しみたいところです。

メイドシーシャ「ふ~も」ハマり過ぎに注意!

ここまでご覧くださっているあなた、既に「シーシャ」を吸ってみたくてたまらないはず。そんなあなたにトドメを刺すべく、当日お給仕してくださった「せい」店長と「みゆまる」さんからメッセージをいただきました!

クールビューティな店長「せい」さん、ふにゃふにゃかわいい「みゆまる」さん、本当にありがとうございました。他にも魅力的なメイドさんがたくさんいらっしゃいますので、メイドシーシャ「ふ~も」に足を運んでみてください。のんびりリラックスするのもよし、テレワークしながら涼むのもよし、過ごし方は皆さんの自由です。

ここで注意事項!

・アルコール、匂いの強いものは持ち込み禁止
・混雑時は2時間制になります
・大声での会話は出来るだけお控えください
・メイドさんが嫌がる行為は厳禁です
・20歳未満入店禁止

ルールを守って楽しく過ごしましょう!また、随時メイドさんを募集しているということなので、働いてみたい!という20歳以上の女性の方は奮ってご応募ください。シーシャ好きな方や興味のある方、大歓迎だそうです。

本当に久しぶりにシーシャのお店に行ったのですが、まさかメイドさんとシーシャがこんなに合うとは思っていませんでした。どちらかというとアングラなイメージの「シーシャ」ですが、ここに行けばイメージが一変すると思いますよ。迷っているなら絶対に行くべき「迷わず行けよ、行けばわかるさ、ありがとーっっ!」

シーシャにハマった筆者、思わず「マウスピース」を買っちまったよ・・・これは完全に沼。

image:秒刊SUNDAY

もちろん世の中にはメイド以外にも、たくさんのシーシャ専門店が存在します。歌舞伎町までは来られないという方も、近所に素敵なお店があるかも。

メイドシーシャ「ふ~も」
営業時間 13:00~翌5:00(変動あり)
東京都新宿区歌舞伎町2-19-17 石川ビル103

画像掲載元:せい、みゆまる、SS.ナオキ

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 水タバコ「シーシャ」をメイドさんに作ってもらいながら、テレワーク出来るお店へ行ってみた