マクドナルド

image:秒刊SUNDAY

マクドナルドから、7月28日新発売の新作パンケーキ「ハワイアンパンケーキ 3種のベリーソース」が登場しました。日本にいながら気軽にハワイ気分を味わえる「マクドナルドでハワイなう!」がテーマです。日本にいながらハワイ気分が味わえるとは一体どのようなことなのでしょうか。そしてコスパはどんなものなのか、気になるところですので、さっそく食べてみました。

ハワイアンパンケーキ 3種のベリーソースとは

マクドナルド

image:秒刊SUNDAY

「ハワイアンパンケーキ 3種のベリーソース」は公式サイトによると、

メイプル風シロップ入りのパンケーキと果肉の入ったフルーティーな3種のベリーソースが、ハワイ気分を味わえるパンケーキ。

とのことで、販売期間は、7月28日(水)より期間限定販売となっております。

価格は、290円です。通常の「ホットケーキ」(300円)より10円安く、「プチパンケーキ」(200円)より、90円ほど高い。

その値段の違いがどのような差を生むのか気になるところです。

さっそく頼んでみました

マクドナルド

image:秒刊SUNDAY

さっそく頼んでみました。箱をオープンするとさっそくパンケーキが登場!

300円のホットケーキほどのボリュームは無いが、200円のプチパンケーキよりは肉厚。確かに290円のボリューム感はしっかりアピールされています。

マクドナルド

image:秒刊SUNDAY

しかし、気になることが。このパンケーキ、どこかで見覚えが…

物凄い「既視感」を感じるのは気のせいでしょうか。否、気のせいではありませんでした。どうやらこのパンケーキ、別の商品「マックグリドル」と同じ素材を使っているようです。

「マックグリドル」はこのパンケーキにソーセージなどの肉を挟んで食べるメニューで「マックグリドル® ソーセージ」などがあります。

つまり今回の「ハワイアンパンケーキ 3種のベリーソース」は、「マックグリドル® ソーセージ」の肉を取っ払った、メニューのようです。

参照:マックグリドル® ソーセージ

少々脱線しましたが、さっそく本題に戻りさっそく「3種のベリーソース」を、上にかけていきます。

マクドナルド

image:秒刊SUNDAY

ぶちゅぅ〜。

と、抽出される「3種のベリーソース」。ちなみに、3種とは「カシスの果汁」「ストロベリー果肉」「クランベリー果肉」です。

3種とは言え…見た目はただのいちごジャムですが、お味はどんなものなのでしょうか。

マクドナルド

image:秒刊SUNDAY

さっそく食べてみると、甘酸っぱく芳醇な香りが口に広がります。

マックグリドルのパンケーキは、内部にメープルシロップが練り込んであるので甘いのですが、そんな甘さを程よく、この「3種のベリーソース」が中和させてくれます。

マクドナルド

image:秒刊SUNDAY

また、見た目は非常にゴツゴツしたソースですが、口当たりは驚くほどなめらかでフルーティ。

まさに、日本にいながら、ハワイで食べるフルーツのような、トロピカルな情景が思い浮かびます。

ホットケーキ

image:秒刊SUNDAY

別メニューの「ホットケーキ(300円)」は、メイプルシロップやバターを自前で塗る作業があり手間がかかる。

今回の「ハワイアンパンケーキ 3種のベリーソース」はそんな手間もなく、非常に手軽に食べられるのがメリット。

コスパは良いか?

コスパを考えてみましょう。それぞれの商品の価格、重量、カロリーを見てみます

ホットケーキ(300円) /  重量:143g  / 319kcal ※1g当たりカロリー / 1.06kcal
ハワイアンパンケーキ(290円) / 重量:117g / 274kcal  ※1g当たりカロリー / 0.94kcal

重量、カロリー等が、若干異なるレベルで、判断に迷うところです。10円の違いと言われれば、そのとおりかもしれません。

ただし、もっと根本的な問題として「ハワイアンパンケーキ 3種のベリーソース」が、純粋なパンケーキかと言われると、微妙なラインで、やはり「マックグリドル感」は払拭できません。

本来のパンケーキを食べたいという方は、もう10円プラスし別メニューの「ホットケーキ(300円)」を食べることをおすすめしたいです。

参照:マクドナルド

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 マック朝メニュー新作290円のパンケーキ「ハワイアンパンケーキ 3種のベリーソース」はコスパ最強か?早速食べてみた