yahoo

「衒う」は何と読む?読めたらすごい!漢検1級レベルの超難読漢字5選

2022.09.01 08:15
rss 秒刊SUNDAY
オモシロ
コメントする
音声で聞く
image:秒刊SUNDAY
漢字検定1級といえば、合格率5~10%前後の難易度の高さです。漢検1級は、日常生活ではあまり見かけないような漢字も出題されます。漢検1級ホルダーともなれば、きっと日々、努力を惜しまず勉強をされたのでしょう。今回は、漢字検定1級レベルの超難読漢字を5問クイズ形式で出題いたします。ヒントも記載してありますので、ヒントをたよりに、最後まで楽しみながら、全問正解を目指し挑戦してくださいね。

【1】衒う

「衒う」は何と読む?
ヒント】衒うは、自分の学識・才能・行為などを誇って、言葉や行動にちらつかせたり、ひけらかすという意味があります。
答え:衒う→てらう
衒うの送り仮名を変えると、衒る(うる)・衒らかす(ひけらかす)と読みますよ。

【2】飛礫

image:秒刊SUNDAY
「飛礫」は何と読む?
ヒント】つ〇〇。「つ」から始まる3文字の言葉。飛礫の意味は、小石を投げること・また、その小石をさします。
答え:飛礫→つぶて
飛礫の使い方ですが「梨の飛礫(なしのつぶて)」には、下記のような意味がありますよ。
音沙汰のないこと。音信のないこと。投げた礫(つぶて)はかえらないところから、「梨」を「無し」にかけて語呂を合わせていう。
引用:
  • コトバンク
  • 【3】劈く

    image:秒刊SUNDAY
    「劈く」は何と読む?
    ヒント】つ〇〇く。「つ」から始まる4文字の言葉です。劈くには、強い力で引き裂くという意味があります。
    答え:劈く→つんざく
    また、劈く(さく)とも読みます。劈くの例文ですが、耳を劈く(つんざく)ような悲鳴のように使います。これは、鼓膜が破れるほど大きな音や声をさしますよ。

    【4】凭れる

    image:秒刊SUNDAY
    「凭れる」は何と読む?
    ヒント】凭れるの意味は、人や物に自分のからだの重みをあずける・寄りかかることです。
    答え:凭れる→もたれる
    漢字には靠れる(もたれる)もあります。
    また、食べた物が消化されないで胃に残り重苦しく感じられることを「食べ過ぎで胃がもたれる」といいますが、このもたれるも漢字で書くと「凭れる・靠れる」なのだそうですよ。

    【5】抛つ

    image:秒刊SUNDAY
    「抛つ」は何と読む?
    ヒント】抛つには、惜しげもなく差し出すこと・投げつける・なげすてるといった意味があります。な〇〇つ。「な」から始まる4文字の言葉です。
    答え:抛つ→なげうつ
    一般的には、投げ打つという漢字が使われますが、擲つ(なげうつ)という別漢字もあります。抛つの送り仮名を変えると、抛げる(なげる)・抛る(ほうる)とも読みます。あわせて覚えておきたいですね。
    今回は、漢検1級レベルの超難問ばかりでしたが、全問正解出来ましたか?いつかは即答出来るように、日頃から漢字に触れる生活をしたいものです。
    読めたら天才!
  • 「穽」←は読めますか?漢検1級レベル、1文字の超難読漢字も激ムズ
  • ですよ!
    Source:
  • 漢字辞典オンライン
  • コトバンク
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間