image;秒刊SUNDAY

ティータイムに彩りを添えてくれる和洋菓子。美味しい和洋菓子をいただきながら、お好みのドリンクで楽しむ時間は、至福のひとときですよね。実は和洋菓子にも漢字が多く使われています。例えば「最中」はもなか、「御手洗団子」はみたらしだんご、「真珠麿」はマシュマロなどです。今回は身近な食べものなのに、意外と読めない和洋菓子の難読漢字をご紹介いたします。クイズ形式になっているので、全問読めるかチャレンジしてくださいね。

【1】車厘

「車厘」は読めますか?

【ヒント】誰でも一度は食べたことのあるスイーツ。ぷるぷる食感で冷やして食べると美味しいアレです。オレンジやグレープ、コーヒーなど色々な味があります。

答え:車厘(ゼリー)

【2】砂糖天麩羅

image:秒刊SUNDAY

「砂糖天麩羅」は読めますか?

【ヒント】超有名なお菓子で、そのお菓子の専門店があります。みんな大好き!穴の開いたおやつといえば?

答え:砂糖天麩羅(ドーナツ)

※沖縄ではサーターアンダギーと読みます。サーターは砂糖、アンダは油、アギーは揚げを意味しているそうです。

【3】粔籹

image:秒刊SUNDAY

「粔籹」は読めますか?

【ヒント】加工した穀物を飴で固めた和菓子の一種です。浅草土産としても人気で、雷がつくお菓子といえば?

答え:粔籹(おこし)

【4】卵糖

image:秒刊SUNDAY

「卵糖」は読めますか?

【ヒント】長崎県の定番のお土産の一つ。食べると、甘くてフワフワしていています。ぐりとぐらの絵本に登場する食べものです。

答え:卵糖(カステラ)

【5】査古律

image:秒刊SUNDAY

「査古律」は読めますか?

【ヒント】カカオマスを主原料としたお菓子。別漢字もあり、貯古齢糖とも書きます。バレンタインデーに贈るものといえば?

答え:査古律(チョコレート)

和洋菓子の難読漢字全問読めましたか?読めなかった方も、誰かに思わず話したくなる難読漢字だったのではないでしょうか?

和洋菓子の名前を見ていたら、何だか甘いものが食べたくなってきてしまいました。人間をダメにするおいしさ!「塩バタかまん」も入手して食べてみたいです。

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 「車厘」は何と読む?読めたらスゴイ!和洋菓子の難読漢字5選