犬

image:pixabay

シーズー犬といえば、バイオじゃなくどうぶつの森だろう。と突っ込まれそうですが、まぁとりあえず聞いてくれ。いくら可愛いシーズー犬でも、お風呂に入らなければ汚くなる。どうぶつの森の「しずえさん」もきっと、お風呂が大好きで、メンテナンスは欠かせない。しかし、それを怠るとどうなるか。こうなります。

放置されまくったシーズー犬

ということで話題となっているワンちゃんがこちら。

え?これはブルドックか何かでは?

いえ、シーズー犬です。もはや、かろうじて鼻と舌が見えるだけで、その他は不明。

全てが毛に覆われた、まるでバイオハザードのゾンビ犬のような風貌に。

このワンちゃんは、米国西部「カンザス州」の動物保護施設に持ち込まれたという。

持ち込まれた際には、体重は9キロもあったという。

どうやら、その重さの原因は体を覆う毛。

もはや、歩くこともままならないワンちゃん。

しかしその後、施設がトリミングなどを行い、見事なまでの変貌を遂げる。

その様子がTikTokで3000万回も動画再生されたという。

その姿がこちら。

3000万回再生されたトリミング後のシーズー犬

ぶおっ!

ちゃんとシーズー犬。

もはや別物です。本当にかわいくなってたまりません。いや、もともと可愛いかったのです。

毛のボリュームはなんと2キロもあったという。

その後、健康状態も回復しているということで、安心したいところだ。

しかし野良犬の彼が、どのような生活をしていくのかは分からない。

このTikTokの動画投稿で多くの方が感動。9,000ものコメントがあるようです。

その中から飼い主になると申し出ることを期待したい。

Source:MirrorUK

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 放置されまくったシーズー犬、バイオのような風貌に海外騒然、しかしその後涙腺崩壊