16日、神戸市北区で高齢の夫婦ら5人が死傷した事件で、司法解剖の結果、孫の男に殺害されたとみられる祖父の死因が首を切られたことによる失血死であることが分かりました。
 殺人の疑いで再逮捕された神戸市北区の無職・竹島叶実容疑者(26)は、同居する祖父の南部達夫さん(83)を包丁で刺したり、金属バットで殴ったりして殺害した疑いが持たれています。

 司法解剖の結果、達夫さんの死因は首を切られたことによる失血死と判明。胸や背中、両腕などにも刺された傷があるほか、頭などに殴られた痕もあったということです。

 調べに対し、竹島容疑者は黙秘しているということですが、警察は強い殺意を持って犯行に及んだとみて調べています。現場付近で竹島容疑者に追いかけられた女性は・・・

 「たまたま出くわした。自分たちもやばいと思って逃げて、そこに警察もいたので駆け込んだ。あんまり覚えてない。気が動転していた」(竹島容疑者に追いかけられた女性)

 事件をめぐっては、達夫さんの妻の南部観雪さん(83)と近所に住む辻やゑ子さん(79)も殺害されていて、竹島容疑者の母親ら2人も重傷を負っています。警察は、竹島容疑者が次々と襲ったとみて動機の解明などを急いでいます。(18日04:02)