16日、神戸市で刃物などで襲われた高齢の夫婦ら5人が死傷する事件がありました。夫婦の孫で26歳の男が逮捕されましたが、静かな神戸の山間の集落で何が起きたのでしょうか?
 「誰か来てください」

 16日朝早く、神戸市北区の住宅から入った110番通報。警察官が駆けつけると、玄関前の庭で住人の南部達夫さん(83)が、家の中では妻の観雪さん(83)が血だらけで倒れていて、まもなく死亡が確認されました。また、自宅では南部さんの娘の竹島知子さん(52)も刺されたり殴られたりして重傷を負いました。

 さらに2軒南隣に住む辻やゑ子さん(79)が自宅の駐車場で死亡しているのが見つかったほか、近くの住人の前北操さん(65)が重傷を負いました。

 「ショックやったわ。血で頭も髪の毛も全部。顔も腫れてた。やられたところより、家の方に帰ってきて、そこで倒れていた。必死で帰ってきたんだろう」(前北さんを目撃した人)

 警察は、近くの神社で血のついた包丁や金属バットを持った男を見つけ、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕。南部さん夫婦らと一緒に暮らす孫の竹島叶実容疑者(26)でした。わずか15分の間に5人が殺傷された事件。実は別の男女も竹島容疑者に襲われかけていたことがわかりました。

 「(竹島容疑者に)追いかけられました。最後に刺された人の家から、この神社の近くまで。目が合いましたよ。なんか怖い感じ」
Q.バットを持っていた?
 「バットと包丁とね」

 コンピューター系専門学校に一時通っていましたが、今は無職だったという竹島容疑者。中学時代の同級生は・・・

 「穏やかだった気がします。賢いイメージでした。大人しい存在で、目立つ子ではなかった」(竹島容疑者の同級生)

 しかし、ときにはこんな一面も・・・

 「1回キレたイメージがあります。休み時間かな」(竹島容疑者の同級生)

 竹島容疑者は母親とともに南部さん夫婦と同居していましたが、近所ではほとんど知られていなかったといいます。

 「孫さん(竹島容疑者)自体、知らないですもん。見たことない」(近所の住民)

 「(Q.竹島容疑者を見たことは?)あるとは思うんですけど・・・お話ししたことはないかなと」(近所の住民)

 竹島容疑者は17日、祖父の南部達夫さんに対する殺人容疑で再逮捕されました。取り調べには黙秘しているということですが、警察は事件の全容解明に向けて捜査を進めています。(17日18:03)