16日、神戸市で刃物で刺されるなどして高齢の夫婦ら5人が死傷する事件がありました。夫婦の孫で26歳の男が銃刀法違反の疑いで逮捕されましたが、5人とは別の男性も襲われそうになっていたことが分かりました。警察は17日、祖父に対する殺人容疑で再逮捕する方針です。
 「神戸市北区の現場です。私の後ろに見えるブルーシートがある茅葺き屋根の家が、最初に殺害されたと見られる高齢の夫婦が住んでいた家です。17日も午前9時ごろから現場検証が行われ、現場には近づけない状況が続いています」(記者)

 16日午前6時すぎ、神戸市北区の民家で南部達夫さん(83)と妻の観雪さん(83)が胸や背中を刃物で刺されて死亡し、娘の竹島知子さん(52)も重傷、その後、2軒隣に住む辻やゑ子さん(79)が首付近を刺されて死亡し、さらに、前北操さん(65)も襲われ重傷を負いました。

 警察は現場近くの有間神社で血のついた包丁を持っていた南部さんの孫で無職の竹島叶実容疑者(26)を銃刀法違反の疑いで逮捕しました。

 近くに住む男性は、前北さんの家の前で竹島容疑者と行き合い、襲われかけたと言います。

 「(竹島容疑者に)追いかけられました。最後に刺された人の家から、この神社の近くまで」(男性)

Q.どういう形相?
 「無表情」(男性)
Q.服装は血だらけ?
 「そうそう」(男性)

 山間部の集落で突然起きた凄惨な事件。竹島容疑者の同級生は・・・
 「穏やかだった気がします。賢いイメージでした。大人しい存在で、目立つ子ではなかった」(竹島容疑者の同級生)

 警察は17日、竹島容疑者を祖父に対する殺人容疑で再逮捕し、事件の解明を進める方針です。(17日11:43)