アメリカのトランプ大統領は、ホワイトハウスの特別顧問として、元連邦検事の弁護士タイ・コブ氏を任命すると発表しました。アメリカのメディアは、いわゆる「ロシア疑惑」に対応するためだと報じています。
 これはホワイトハウスが15日に発表したもので、特別顧問に任命されたコブ氏は、元連邦検事で現在は首都ワシントンの法律事務所に所属する経験豊富な弁護士だということです。

 ロシアが去年のアメリカ大統領選挙に介入したとされる、いわゆる「ロシア疑惑」をめぐっては、トランプ大統領が捜査を妨害したのではないかという疑惑に加えて、長男がロシア政府と関係のあるロシア人弁護士と面会していたことが最近明らかになっています。

 アメリカのメディアは、「トランプ大統領が経験豊富なコブ氏を特別顧問に任命したのは『ロシア疑惑』に対応するためだ」と報じていて、この問題をめぐる政権内の態勢を強化する狙いがあるものとみられます。(16日22:55)