肝臓がんで死去した中国の民主活動家・劉暁波(リュウ・ギョウハ)氏の追悼の動きが国際社会に広がる中、軟禁状態が続く妻・劉霞さんの解放を求める声が高まっています。
 中国当局は15日に会見し、劉暁波氏が火葬されたと発表、遺骨を海にまいたとする動画を公開しました。会見に劉氏の妻・劉霞さんの姿はなく、同席した劉氏の兄は「劉霞は体が非常に弱っていて、来ることができなかった」などと述べました。

 「遺体を火葬したら、できるだけ早く海に流してほしい」(妻・劉霞さん)

 当局はまた、劉霞さんが海への散骨を希望しているとする映像を公開するなど、「遺族の意向」であることを強調しました。

 劉霞さんは当局の監視下に置かれ外部との接触が禁じられており、香港やニューヨークでは早期解放を訴える集会が開かれました。(16日16:44)