16日朝、神戸市で包丁を所持していた26歳の男が逮捕されました。男の祖父母2人が刺され死亡したほか、近所の女性1人も死亡しているのが見つかっていて、警察は殺人事件として捜査しています。
 銃刀法違反容疑で逮捕されたのは、神戸市北区の無職・竹島叶実容疑者(26)です。警察によりますと、午前6時すぎ、竹島容疑者の母親から「息子に金属バットで殴られた」と通報があり、駆けつけた警察官が神社前の路上にいた竹島容疑者を逮捕しました。

 母親は両腕を骨折するなどの大けがをしていて、家の中では竹島容疑者の祖父母・南部達夫さん(83)とみゆきさん(83)が刺されていて、2人とも死亡しました。また、家の近くでは、辻やゑこさん(79)とみられる女性が死亡しているのが見つかったほか、前北操さん(65)もけがをしています。

 竹島容疑者は「家にあった包丁で刺してやろうと思った。やったことに間違いありません」と供述しているということで、警察は竹島容疑者が祖父母らを殺害した後、路上で別の人も攻撃したとみて捜査しています。(16日11:31)