香港では15日夜、劉暁波氏を追悼するため民主派団体によるデモ行進が行われました。
 参加者らは香港中心部の公園で黙とうを捧げた後、ろうそくを持って中国政府の出先機関まで無言で行進。劉氏の妻・劉霞さんの早期解放を求めました。

 香港では「1国2制度」のもと「高度な自治」が約束されていますが、中国政府の政治介入で民主主義や言論の自由が脅かされていて民主派の反発が強まっています。(16日00:19)