加計学園の獣医学部の新設計画をめぐり、松野文部科学大臣は、去年10月に萩生田官房副長官が文科省に対して発言したとされる内容が記された新たな文書が見つかったと発表しました。
 「同一内容の文書が専門教育課の共有フォルダに確認されました。獣医学部の新設問題の課題や調整状況について、局長から(萩生田副長官に)説明し、相談をしたということでございます」 (松野博一文科相)

 松野文科大臣が公表した文書は、去年10月21日に萩生田官房副長官が文科省の高等教育局長と面会し、官邸や内閣府の考えを伝えたとする発言内容が書かれたものです。

 文書には、「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた」という発言や、「補佐官からは、農水省は了解しているのに、文科省だけがおじけづいている(中略)と言われた」「官邸は絶対やると言っている」といった発言が記されています。

 また、事業者が決まる3か月前にもかかわらず、加計学園の事務局長の名前を挙げて、「文科省の課長のところに行かせる」といった発言があったと記されています。

 この文書について、松野大臣は、「担当者が個人的に持っている情報を踏まえて作成した個人のメモで、萩生田氏の発言ではない内容が含まれている」と述べ、正確性に欠けるという認識を示しました。

 一方、萩生田官房副長官は、「このような不正確なものが作成され、加えて意図的に外部に流されたことについて、非常に理解に苦しむとともに強い憤りを感じております」とするコメントを発表しました。

 また、「いわゆる加計学園に関連して、私は総理からいかなる指示も受けたことはありません」などとして、新たに公表された文書の内容を真っ向から否定しました。(20日13:40)