東京・JR上野駅のホームで男性を線路に突き落とし、重傷を負わせたとして、自称無職の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは自称無職の渋谷正寿容疑者(65)です。渋谷容疑者は19日午後11時ごろ、JR上野駅のホームで会社員の男性(37)に対し後ろから体当たりしたうえ線路に突き落とし、胸や腰の骨を折る重傷を負わせた疑いが持たれています。男性は駅員に救出されました。

 渋谷容疑者は男性と面識はなく、酒を飲んで帰宅する途中だったということで、取り調べに対し、「男性と接触して、つかみ合いのけんかになり、腕を払ったら男性がバランスを崩して線路に転落した」と容疑を否認しています。(20日11:31)