観光客が多く訪れるフランス・パリのシャンゼリゼ通りで19日、警備にあたっていた治安当局の車両に乗用車が突っ込み、炎上しました。
 乗用車を運転していた男はその場で拘束されましたが、その後、死亡しました。治安部隊にけがはありませんでした。フランスのコロン内相は、「治安当局を狙った犯行」という見方を示しています。

 AP通信などによりますと、男は31歳で、捜査当局の監視対象者だったということです。また、車内からはカラシニコフ自動小銃やガスボンベが見つかり、検察の対テロ部門が捜査を始めています。(20日11:02)