ニューヨークの国連本部で行われている核兵器禁止条約の制定交渉会議で、日本から参加している被爆者が演説を行い、核兵器の廃絶を訴えました。
 「核兵器を造ったのは人間です。そして使ったのも人間です。そうであれば、なくすことができるのも人間です。皆さんに呼びかけます。全ての核兵器を禁止し廃絶しましょう」(1歳の時に被爆した 和田征子さん)

 長崎で1歳のときに被爆した和田征子さん(73)は、日本の被爆者の苦しみに言及した核兵器禁止条約の草案について「大きな希望だ」としたうえで、核兵器の廃絶を訴えました。

 交渉会議には、全ての核兵器保有国や日本は参加していませんが、同じく長崎で2歳のときに被爆した朝長万左男さん(74)は、こう訴えました。

 「条約が真の実効性を持つためには、核保有国や日本のように核の傘の下にある国の参加が重要です」(2歳の時に被爆した 朝長万左男さん)

 一方、別所国連大使は、「日本が従来進めてきた考え方とは違った形の交渉になっている」としたうえ、核軍縮は核兵器保有国との協力のもとに進めるのが重要だという日本の立場を改めて強調しました。(20日09:19)