18日、JR川口駅でホームから線路に立ち入ったとして逮捕された男が送検されました。
 さいたま市の無職・大塚聡容疑者(35)は川口駅で線路に立ち入り、電車を停止させるなど駅の業務を妨害したとして19日に再逮捕され、20日の朝、身柄をさいたま地検に送られました。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているということです。

 警察によりますと、電車内で大塚容疑者の飲み物が女性にかかったことからトラブルになったということで、大塚容疑者は「痴漢と間違われたと思い逃げた」「逃げるには線路を渡るしかないと思った」などと供述していました。(20日10:50)