ヒツジとヤギのカワイイ上下関係。東京・荒川区にある「あらかわ遊園」のメェ~ぶつ(名物)なんですよ。
 今、ツイッターで、こんな写真が話題になっています。

 「ヒツジの背中で、くつろぐ子ヤギ。てっきり親子かと思った」(撮影者)

 今、あらかわ遊園に、ヒツジに乗る子ヤギがいるというんです。

 「萌え死にしそう」
 「ウール100%のふとん」

 本当にこんなことが起こるのか、あらかわ遊園に行ってみました。

 「こちらがヤギのシロ君(2か月)です。こちらがお気に入りのヒツジのチャコちゃん(7歳)です。他にもヒツジはいるけど、なぜかチャコちゃんにしか乗らない」(あらかわ遊園 飼育員 榎本愛美さん)

 「ヤギ ON ヒツジ」が見られるのは「ふれあいひろば」というスペース。あまり気温の高くない日中、暖を取るためなのか、ヤギがこのヒツジの背中に乗るそうなんです。すると、この日の午後2時ごろ。

 「シロがチャコに近づきました。シロがチャコにちょっかいを出し始めました」

 シロがチャコに乗りました。「ヤギ ON ヒツジ」の完成です。

 「シロ君は甘えん坊。でもお母さんがあまり相手をしてくれないので、いつも一緒にいるヒツジのチャコちゃんに甘えだした。ヒツジのチャコちゃん、初めは嫌がっていたんですが、今はもう勘弁したみたい」(あらかわ遊園 飼育員 榎本愛美さん)

 ちなみに最近はこんな場面も・・・
 4月末に生まれた赤ちゃんヤギのフジちゃんも、ヒツジのチャコちゃんに乗っかります。コレは相当レアなシーンだそうです。(19日18:56)