中東イランの大統領選挙の投票が始まっています。結果次第では「反イラン」を鮮明にするアメリカ・トランプ政権との関係悪化も懸念されるとあって、注目です。イランの首都テヘランからの報告です。
 今まさに投票が行われているテヘランのモスクの中に来ています。こちらはイスラム教の国ですので、投票所も男女別になっていて、こちらは男性専用の投票所です。皆さんは、こちらでまず登録票を出して、その後、不正防止のため、投票用紙に指紋を押していきます。その後、こちらの投票箱の中に投じていくわけです。

 今回の大統領選挙は国際協調路線を敷いてきたロウハニ大統領の継続を選択するのか、あるいは国際社会に対して、より強硬な姿勢を見せるライシ師を選ぶのかという意味で大変重要な選挙となっています。当初の大方の予想はロウハニ大統領の再選だったわけですが、終盤に来て予想外の接戦となっています。

 最後までどちらに投票するか迷っている人も多いようで、私たちがこちらで取材をしていても、どちらに投票したらいいかと尋ねてくる人もいるくらいなんです。中東の大国であるイランがどちらの大統領を選ぶのか。注目の結果は日本時間の21日未明までに判明する見通しです。(19日18:10)