46人が殺傷された相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」の建て替えに伴い、園に残っていた入所者およそ40人が21日午前、移転先となる横浜市港南区の施設に移動しました。これで、事件現場となった園にとどまる入所者はいなくなりました。
 神奈川県によりますと、今月5日にすでに移転した利用者を含め、110人ほどがおよそ4年間、この施設で暮らしていくということです。

 「目標としては4年後地元(相模原)に帰って、新しく津久井やまゆり園を作り上げて頑張っていきたい」(津久井やまゆり園 入倉かおる園長)

 やまゆり園をめぐっては、県が建て替えの是非について再検討していて、今年夏までに結論を出す方針です。(21日16:24)