女性問題で経済産業政務官を辞任した中川俊直衆院議員が21日午後、自民党に離党届を提出しました。
 「誠に残念の一語に尽きますが、今後とも気を引き締めて。これは私の少ない経験から申しましても、うまくいっているときが一番注意をしないといけないんですよ」(自民党 二階俊博 幹事長)

 自民党の二階幹事長は、中川氏の離党届け提出について、このように述べました。

 一方で、中川氏の議員辞職については「そういう声が野党にあることは聞いていますが、われわれは与党として適切な判断をしたと考えている」と述べ、慎重な考えを示しました。

 「離党届が出たということですが、本当にご本人の意思で出されたのか。何よりも、やはりご本人の説明責任がまだ果たされていないと思います」(民進党 山井和則 国対委員長)

 野党側は、中川氏は「説明責任を果たすべき」とした上で、中川氏の議員辞職も求めていく考えです。(21日15:31)