21日午後、東京・銀座で現金4000万円が奪われる事件がありました。現場からは男3人が逃走していて警視庁が行方を追っています。
 事件発生から5時間あまりがたちました。金曜日の夜ということもありまして現場は買い物客などでにぎわいを取り戻しつつあります。21日午後1時半ごろ、中央区銀座の路上で40代の貿易業の男性が後ろから男に押し倒されました。男性は現金7200万円が入ったトートバッグを持っていましたが、そのうち4000万円を男に奪われました。

 「オートバイがバーと来て、4つの(バッグ)うち2つを奪い取って」(目撃者)
 「3人組で2人がこっちから走っていって」(目撃者)

 男は青色のジャンパーにジーンズ姿で、新橋方向に走って逃げたということです。現場近くの防犯カメラの映像には男性が襲われた場所から数メートル離れた路上にスクータータイプのオートバイが止まっていて、犯行後、オートバイに2人乗りした男らが逃走する様子が写っていたということです。

 また、青色のジャンパーを着た実行犯とみられる男がそのオートバイを追いかける様子も写っていたことから、警視庁は3人組による犯行の可能性があるとみて行方を追っています。(21日18:46)